PR

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)

住宅営業

住宅営業はなぜ「きつい」と言われる?東北の住宅業界へ転職したい人へアドバイス

2024/02/25

住宅営業は厳しい営業環境が理由で「きつい仕事」とされています。しかし、やりがいと魅力もあり、顧客の信頼や感謝を得られ、理想の住宅を提案する楽しさもあります。また、業界未経験者でも転職しやすく、資格があれば有利です。

住宅営業がきついと思われてしまう理由

一般的に住宅営業はきつい仕事であると言われています。その理由として、ノルマが厳しく、場合によっては土日も出勤しなければならない可能性があるためです。また、この他にも、住宅営業は収入が変動しやすいと言われています。

◇ノルマが厳しい

住宅業界に関わらず、営業職には定められたノルマが存在している場合もあるでしょう。営業職であれば、ノルマがあって当然だと感じられる方もいるかもしれませんが、住宅営業の場合は定められたノルマが厳しいと言われています。実際に大手住宅メーカーでは、毎月1件の受注がノルマとなっているところも多いようです。

新入社員の場合は最低でも2か月に1件、5年目以降は3か月に2件の受注が業界の相場とされています。しかし、いくら住宅の新築を検討しているとはいえ、購入を即決できる人は少なく、簡単に契約を結んでもらうことは困難であるため、住宅営業はノルマが厳しいと言われています。

◇場合によっては土日も出勤

住宅営業は顧客の都合や要望に合わせて、柔軟な勤務時間が求められます。そのため、平日だけではなく休日であっても、顧客の都合や要望に合わせて、出勤する必要があります。一般的に顧客の多くは平日は働いているため、休日しか時間が取れないという場合も少くありません。

住宅営業の場合、面談や物件の案内などは顧客の都合や要望に応じて行われるため、スケジュールや出勤日が不規則となり、急に予定が変更されたり、土日であっても出勤を強いられたりすることも少なくありません。

◇収入が変動しやすい

住宅営業は営業成績などにより、収入が変動しやすいと言われています。頑張れば頑張るほど、高く評価してもらえると捉えることもできますが、住宅営業は営業成績と直結して報酬が得られるため、契約が成立しない場合、思うように収入が得られない場合もあります。

企業によっては基本給が設定されている場合もありますが、その額は決して高いとは言えません。また、住宅営業は収入の変動が大きいため、安定した収入を得られず経済的な不安や仕事に対するストレスを感じる可能性もあるでしょう。

住宅営業のやりがいや魅力は?

引用元:photo AC

住宅営業の魅力は、顧客からの信頼や感謝を得ることと、顧客の理想を形にできる楽しさにあります。営業担当者は顧客の夢や希望を実現する手助けをし、その過程でクリエイティブに提案を行い、理想の住宅を決定することができます。

◇顧客からの信頼や感謝

住宅営業のやりがいや魅力のひとつとして、顧客からの信頼や感謝を得られることが挙げられます。

多くの顧客にとって、住宅の購入は人生における大きなイベントのひとつです。営業担当者が適切なアドバイスやサポートを行うことにより、顧客が理想の住宅を見つけたり、理想の条件で住宅を購入できたりした場合には、深い信頼だけではなく喜びや感謝の言葉を受けられるでしょう。

◇理想を形にできる楽しさ

住宅営業のやりがいや魅力のひとつとして、顧客の理想を形にできる楽しさが挙げられます。

住宅営業は顧客の夢や希望を実現するお手伝いができます。新しい住宅の購入は多くの人にとって、人生における大きなイベントのひとつであり、新たな人生を歩み出す大きな一歩となります。そのプロセスにおいて、営業担当者がアドバイスやサポートを行うことにより、顧客が理想とする住宅を見つけるお手伝いができます。

また、住宅営業はクリエイティビティを発揮し、顧客の理想を形にできる楽しさがあります。顧客の希望や要望に合わせてさまざまなプランや間取りを提案し、最終的に理想的な住宅が決定されるため、大きな充実感や達成感が得られるでしょう。

住宅営業は顧客とのコミュニケーションを通して、深い信頼関係を築きながら、夢や理想を実現するために行うアドバイスやサポートができることも、やりがいや魅力につながります。

業界未経験でも住宅営業に転職できる?

住宅営業は業界未経験者にも転職が比較的しやすいとされます。特に若年層の方は、営業職の経験がなくてもチャンスがあるでしょう。持っていると役立つ資格には、宅地建物取引士、建築士、フィナンシャルプランナーなどがあります。

◇業界未経験でも比較的転職しやすい

住宅営業は業界未経験であっても、比較的、転職しやすい傾向にあります。若年層の方であれば、業界だけではなく営業職の経験がない場合でも、転職できる可能性が高いでしょう。しかし、それ以上の年齢層の方であれば、業界もしくは営業職のどちらかの経験があると望ましいです。

◇持っていると役立つ資格

住宅営業の仕事に就くために特に資格は必要ありません。しかし、住宅業界への転職および住宅営業を目指しているのであれば、持っていると役立つ資格がいくつかあります。

・宅地建物取引士

宅地建物取引士は宅建とも呼ばれており、不動産の取引を行う際に必ず必要となる資格のひとつです。不動産の取引を行う場合、この資格を有している者を所属させることが義務づけられているため、持っていると役立つ可能性が高いです。

・建築士

建築士の資格を持っていると、住宅の設計や施工管理が行えます。また、建築士の資格を持っていることにより、転職の際に役立つだけではなく手当が発生する会社も多くあります。

・フィナンシャルプランナー

フィナンシャルプランナーの資格を持っていると、税金や年金など、お金に関する知識を持っていることが証明できます。住宅を購入するにあたり、住宅ローンや税金など、お金に関する知識が必要となってくるため、顧客に対して、より専門的なアドバイスを行えます。


東北の転職市場において、住宅営業のイメージが「きつい仕事」とされる理由は、その厳しい営業環境にあります。まず、営業ノルマが非常に厳しく、月に1〜2件の受注が一般的です。特に大手住宅メーカーでは、新入社員であっても2か月に1件のペースが求められ、5年目以降も3か月に2件のペースが業界の相場とされています。しかし、住宅購入は検討期間が長く、契約までに時間がかかることが多いため、このノルマを達成するのは容易ではありません。

さらに、住宅営業は顧客の都合に合わせて柔軟な勤務時間が求められます。顧客の多くが平日に仕事をしているため、休日である土日に営業活動を行うことが一般的です。面談や物件案内などの業務は、顧客の都合に合わせて行われるため、スケジュールが不規則であり、急な変更や出勤の必要性もあります。

また、収入の不安定性も住宅営業の特徴です。営業成績に直結する報酬制度のため、契約が成立しない場合や成果が出ない場合には収入が得られず、経済的な不安を感じることもあります。さらに、基本給が低く、収入の大部分が成績による歩合制であるため、安定した収入を得ることが難しいとされています。

しかし、この厳しい環境の中にも、住宅営業のやりがいや魅力が存在します。顧客からの信頼や感謝を得ることができるほか、顧客の理想を形にする楽しさも味わえます。営業担当者は顧客の夢や希望を実現する手助けをし、クリエイティブに提案を行うことで、顧客との信頼関係を築きながら充実感や達成感を得ることができます。

さらに、業界未経験者でも比較的転職しやすいのも特徴です。特に若年層であれば、業界経験や営業職の経験がなくてもチャンスがあります。ただし、宅地建物取引士や建築士などの資格を持っていると、転職において有利になることもあります。

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)はこちら

記事一覧

住宅業界へ転職!女性でも施工管理になれる?

異業種から住宅業界へ転職できる?

住宅業界が抱える「2025年問題」とは?

東北で住宅業界の求人を探す人必見! 転職に必要なキャリアプランを紹介

住宅業界と業態とは?不動産業との違いも解説

建築士に英語力は必要?東北の住宅業界における外国人労働者雇用についても解説

住宅業界へ転職するなら知っておきたい工務店・ハウスメーカーの住宅営業スタイル

住宅業界の施工管理へ未経験でも転職できる?

住宅業界に事務職の求人はある?

現場施工管理者が実現したい工程管理のシナジー効果とは?

コミュニケーションを磨いて信頼される業務管理職を目指すには?

人との繋がりを大切にする連携能力の高い一級建築士を目指すには?

これからの住宅営業に求められるチームワークの能力とは?

変化する住宅業界で現場施工管理者の賃金はどうなる?

住宅業界における業務管理職の賃金とは?信頼されるリーダー像

物価高騰時代における焦点~住宅営業の賃金を上げるには?

転職で一級建築士の賃金アップを東北で成功させるには?

ハウスメーカーでアフターフォローを集客につなげる営業とは?

東北でインテリアコーディネーター転職・就職を目指す方法

秋田・岩手・宮城の求人トレンドと地元で働きたい学生の声

ハウスメーカーへ転職したい人必見!求人トレンドや動向を解説

住宅営業はなぜ「きつい」と言われる?東北の住宅業界へ転職したい人へアドバイス

未経験からのハウジングアドバイザー転職~東北の住宅業界に必要な知識

2024年問題は住宅業界にも影響する?転職する前に知っておきたい東北の業界事情

住宅業界で転職を検討している方におすすめ!住宅設計士について紹介

建築士と設計士の主な違い~転職からキャリアアップも目指せる

転職に工事経歴書は必ず必要? 職務経歴書との違いと書き方

転職して東北の住宅業界で輝こう!CAD設計者への道

東北の住宅業界の現場監督に転職するには資格は必要ない?

建築士になるには? 東北の住宅業界で転職するためのステップ

東北で住宅業界に転職を考えてる方にオススメの求人!建築業界の意匠とは?

待遇充実の求人も~東北の住宅営業に向いている人とは?

施工管理に向いてない人のための東北住宅業界転職アドバイス

転職で再発見したい人とのつながり~東北で楽しい住宅営業

住宅業界の営業職に女性が向いている理由や持っておきたい適性・職場選び

東北の住宅業界への転職を目指す!やりがいや必要なスキルを紹介

秋田の住宅業界の求人を探す!移住の利点・欠点や補助金の解説

東北の住宅業界の求人を目指す!女性建築士の需要や適性など解説

東北の住宅業界の求人は?建築士のやりがいや仕事内容などを紹介

東北の住宅業界の将来性は?住宅営業など求人がある職種を紹介!

住宅業界の人手不足は東北でも~変化する業界の求人に注目

現場施工管理士は未経験でもなれる?東北の住宅業界へ転職するポイント

一級建築士は未経験でもなれる転職できる職種というのは本当か?

東北の住宅業界への転職を目指す~適正化が進む住宅業界

東北の住宅業界で転職した人の平均年齢と転職前の職種とは?

東北で住宅業界に転職する際に必要な準備とは?

東北の住宅業界の求人動向とは?今後の動向についても解説

未経験で転職!東北で住宅業界営業に転職するには?

東北の住宅業界営業のやりがいとは?仕事内容や転職のポイント

住宅業界の魅力とは?地元東北で求人を見つける方法を解説

やりがいのある住宅営業の仕事とは?東北で転職なら必見!

スキルを証明する資格を持って住宅業界の求人に応募しよう!

東北の住宅業界に転職する際人気の地元企業を県別に紹介

住宅業界と建設業界の違いとは?転職するなら知っておきたい動向

将来性のある住宅業界に転職する為に知っておきたい住宅業界の課題と対策

東北・住宅業界の現状と今後の見通しは?市場の動向を知って転職活動に役立てよう

東北・住宅業界への転職で未経験歓迎の求人はある?工務店の仕事内容とポイントを解説

工務店が抱える転職採用の課題とは?日沼工務店の採用率向上のための取り組み

東北・住宅業界への転職!志望動機のポイントとは?業界の特徴を押さえて転職を成功させよう

あこがれの仙台暮らし~住宅業界に転職するならこの求人

自然と歴史が調和する盛岡で住宅業界に転職~おすすめ工務店を紹介

市場動向は戸建てが増加中!東北で転職を考えるなら住宅業界へ

働いている人アンケートから見える東北の住宅業界転職と働く喜び

秋田を中心に施工を手掛ける日沼工務店 施工事例から紐解く強みと特徴

儲からないと言われる工務店の仕事は案外悪くない!?

働き方改革の今がチャンス!建築のお仕事に未経験から転職

秋田・盛岡地域で工務店に就職するならおすすめ3社を紹介

秋田・盛岡の工務店に就職するなら年収は?職種別に解説

秋田・盛岡で工務店就職する魅力と求人応募のポイント

転職面接で必ず聞かれる質問とは?事前の準備と対策を万全にして面接に臨もう

転職ドラフトで大幅収入アップも夢じゃない?メリット・デメリットも紹介

転職の際の志望理由の書き方とは?今の仕事から動機を考える

おすすめ転職エージェントで理想の転職をサポートしてもらおう!

転職履歴書の書き方は?職務経歴書は必要?ポイントを解説します

現場管理者は何をする?主な仕事内容ややりがいとは?

転職を考えたらまず履歴書!どのように記載すると採用されるのか

アフターフォロー/地元のお客様へ最高の住まいを提供し続けられる

業務管理職/人と関わる業務が好きだから

一級建築士/生まれ育った地域に貢献したい

現場施工管理者/お客様の人生で大きな買い物「家の購入」に携わりたい

住宅営業/数々のハードルをクリアしお客様に最適なご提案を

転職サイトと企業採用サイトの賢い活用方法

転職先の選択理由は?女性に優しい企業ほど成長しているって本当?

建てたら終わりではない!お客様に寄り添うアフターフォローの仕事

一級建築士の仕事を徹底解説!業務内容や年収などを詳しく紹介

現場施工管理者になるには?資格や仕事の内容について

工務店の営業職について知ろう!主な仕事内容や魅力

転職理由を面接で聞かれたとき~面接の極意

東北エリアでの転職は難しい?転職経験者から聞いた本音の話

秋田エリアの働きやすい工務店・ハウスメーカーをご紹介!お客様にも社員にも「礼」を尽くす日沼工務店

秋田エリアの求人情報~地元密着型の企業ほど定着率が高い

工務店の仕事ってどんなもの?採用情報から見えた日沼工務店のワークスタイル

求職中のあなたにアドバイス!経験者から聞いてみた

転職を成功させるための3つのポイント

カテゴリー

アフターフォロー

インタビュー

一級建築士

住宅営業

業務管理職

現場施工管理者

転職コラム

アーカイブ

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月