PR

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)

転職コラム

転職ドラフトで大幅収入アップも夢じゃない?メリット・デメリットも紹介

2023/07/31

転職サービスには様々な種類があり、それぞれで特徴は異なります。自分に合ったサービスを見極めないと良い企業とはなかなか巡り合えないため、利用前にどのような特徴を持つサービスなのかを把握しておきたいところです。
今回の記事では、スカウト型転職サイト「転職ドラフト」の特徴や他サービスとの違い、メリット・デメリットなどをご紹介します。転職を検討中の方は是非参考にしてください。

 

転職ドラフトとは?登録をしたらスカウトを待つだけ

株式会社リブセンスが運営する転職サイト「転職ドラフト」は、エンジニア向けのスカウト型転職サイトです。スポーツ界で使われるドラフト制を転職の仕組みに応用したもので、求職者が登録したレジュメを見た企業側が、興味を持った相手に対してスカウト(指名)を送るシステムです。

従来の一般的な転職サイトではなく、このようなドラフト制の転職サイトを利用することで、より効率的かつ適切な転職先を見つけることも可能です。スキルや実績が高い求職者ほど、多くの企業からスカウトされる確率が高まるため、より希望に合った企業を見つけやすくなるでしょう。

求職者と企業の双方にとってメリットがあるシステムだと言えます。

 

転職ドラフトの特徴は?他の転職サービスとの違い

エンジニア向けの転職ドラフトは、具体的にどのような特徴を持つサービスなのでしょうか。

・現年収を企業に伝えなくていいので、実力で評価される

通常の転職活動では、前職の年収をもとに転職後の年収が決定されます。そのため、実力はあるのに働いている企業の待遇や業績が悪かったりすると、転職しても実力以下の年収しかもらえないことが発生する場合もあるでしょう。しかし、転職ドラフトでは現年収を企業に伝えなくていいので、あなたの実力に見合った正当な評価を受けることができます。

・内定前に年収がわかって、効率的

通常の転職活動の場合、転職後の年収は内定段階にならないとわかりません。ただし、転職ドラフトでは企業からの指名時に年収が提示されるため、選考に時間をかけたのに希望とかけ離れた条件を提示されるといった無駄がありません。

・企業からの指名で、リアルな市場価値が確認できる

企業の採用担当者はあなたのレジュメをしっかりと読み込み、年収付きで指名メッセージを送ってくれます。また、転職ドラフトの指名結果はすべてサイト上で公開されるため、診断ツールなどではわからないあなたのリアルな市場価値が分かります。

・参加する企業を独自の基準で厳選

転職ドラフトでは参加する企業が独自の基準で選ばれているため、求職者は多くの優良企業からのスカウトを受けることが可能です。また、有名企業も参加しているため、普段なかなかアプローチする機会の少ない大手企業や有名企業のチャンスを得られることもあります。

そもそも転職サービスには、ドラフト転職のようなスカウト型転職サイト以外にも、転職エージェント・転職サイトがあります。

転職エージェントとは転職者と企業の間に立つキャリアコンサルタントが求職者をサポートするもので、求職者の経歴やスキル、希望条件を詳細に理解した上で、最適な企業を探して紹介します。そのため、キャリアコンサルタントとのこまめなコミュニケーションが欠かせません。

そして、転職サイトは求人情報を閲覧し、転職者が自ら興味のある求人に応募するサービスです。求職者が自分の力で求人情報を探して応募を行うため、転職者自身が転職活動を進める責任を持つ必要があります。マイペースな転職活動ができるメリットはありますが、個別のアドバイスは受けられないことが一般的です。

その一方でスカウト型転職サイト(転職ドラフト)は、求職者が登録したレジュメを参加している企業が閲覧し、興味を持った求職者に対してスカウト(オファー)を送る仕組みです。

スカウトの内容は企業が求職者のスキルや経験、希望条件などを確認して行われます。企業がスカウトを送る際には、求職者の経歴や能力に基づいた適切なポジションや条件などが提示されます。

もし求職者がスカウトの内容に納得した場合、応募手続きに進みます。スカウトを送ってきた企業に対し、求職者が実際に応募を行うと選考プロセスが進行する流れです。このスカウト型転職サイトの仕組みにより、求職者は企業から積極的にオファーを受けることができ、自らのスキルや経験に見合った条件で転職のチャンスを得られます。

 

転職ドラフトがオススメな人は?メリット・デメリットを紹介

続いては転職ドラフトのメリット・デメリットを踏まえて、どのような人に向いているのかをご紹介します。

【メリット】

・収入が大きく上がる可能性がある

転職ドラフトでは現在の年収を企業に伝える必要がないため、自らの実力や市場価値に見合った給与を得る可能性が高まります。また、転職ドラフトは内定年収が提示年収の90%を下回ることを禁止していることで、採用条件の違反を回避することが可能です。

・転職活動が楽になる

転職転職ドラフトは、レジュメを登録し企業からスカウトを待つスタイルです。これにより、積極的に求人を探して応募する手間を省くことができます。また、報酬や条件に納得した企業に対して面談するため、面談の回数を最小限に抑えることができ、転職活動が楽に感じられるでしょう。

【デメリット】

・スカウトが来ない

転職ドラフトはスカウト型のサービスですが、場合によってはなかなかスカウトがこないことがあります。例えば、企業側が求めているスキルや経験、希望条件などがマッチしない場合、転職活動が進まない可能性があります。

・登録が面倒

転職ドラフトを利用するには、レジュメの作成やプロフィール登録が必要となります。レジュメの作成は手間がかかることがありますが、一度作成してしまえばその後はスカウトを待つだけで良いため、後の手間を考慮すると負担が軽減されると言えます。しかし、初めの段階での登録作業は面倒に感じてしまうでしょう。

【転職ドラフトがオススメな人の特徴】

転職ドラフトオススメな人は、高収入を目指したい人です。年収800万円以上で指名を受けている求職者も多く、スキルや条件などによっては大幅な年収アップを目指すことも可能です。また、転職ドラフトはスカウトを受けた上で応募するかどうかを自ら決定できるため、自分で転職先を探したい人にも向いています。スカウトを受けることで、自らの希望条件に合致した企業と出会う機会が増えるため、主体的に転職活動を進められます。

そして、転職を急いでいない人や、ゆっくりと選択したい人にもオススメです。転職ドラフトはドラフトの期間が決まっており、企業からのスカウトが期間内に行われます。ドラフト期間中に希望するスカウトが来る保証はないため、転職を急いでいる方にとっては使いにくさを感じるかもしれません。


転職ドラフトは、現在より高収入を目指したい方にオススメのサービスです。スキルや経験次第では、通常の転職活動では提示されないような高い年収額を提示される可能性もあります。また、自分の市場価値が分かるきっかけとなるため、エンジニアとして今後頑張っていきたい、スキルアップを目指したい方にとって利用価値があると言えます。
ただし、すべての場合において即座にスカウトを受けることは保証されているわけではありません。しかし、希望する企業からスカウトをもらえなかったとしても、決して諦める必要はなく、レジュメを見直すことで次回のスカウトが届く可能性が高まることがあります。レジュメの作成方法や自身のアピールポイントなどに悩んだら、お気軽にお問い合わせください。

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)はこちら

記事一覧

住宅業界へ転職!女性でも施工管理になれる?

異業種から住宅業界へ転職できる?

住宅業界が抱える「2025年問題」とは?

東北で住宅業界の求人を探す人必見! 転職に必要なキャリアプランを紹介

住宅業界と業態とは?不動産業との違いも解説

建築士に英語力は必要?東北の住宅業界における外国人労働者雇用についても解説

住宅業界へ転職するなら知っておきたい工務店・ハウスメーカーの住宅営業スタイル

住宅業界の施工管理へ未経験でも転職できる?

住宅業界に事務職の求人はある?

現場施工管理者が実現したい工程管理のシナジー効果とは?

コミュニケーションを磨いて信頼される業務管理職を目指すには?

人との繋がりを大切にする連携能力の高い一級建築士を目指すには?

これからの住宅営業に求められるチームワークの能力とは?

変化する住宅業界で現場施工管理者の賃金はどうなる?

住宅業界における業務管理職の賃金とは?信頼されるリーダー像

物価高騰時代における焦点~住宅営業の賃金を上げるには?

転職で一級建築士の賃金アップを東北で成功させるには?

ハウスメーカーでアフターフォローを集客につなげる営業とは?

東北でインテリアコーディネーター転職・就職を目指す方法

秋田・岩手・宮城の求人トレンドと地元で働きたい学生の声

ハウスメーカーへ転職したい人必見!求人トレンドや動向を解説

住宅営業はなぜ「きつい」と言われる?東北の住宅業界へ転職したい人へアドバイス

未経験からのハウジングアドバイザー転職~東北の住宅業界に必要な知識

2024年問題は住宅業界にも影響する?転職する前に知っておきたい東北の業界事情

住宅業界で転職を検討している方におすすめ!住宅設計士について紹介

建築士と設計士の主な違い~転職からキャリアアップも目指せる

転職に工事経歴書は必ず必要? 職務経歴書との違いと書き方

転職して東北の住宅業界で輝こう!CAD設計者への道

東北の住宅業界の現場監督に転職するには資格は必要ない?

建築士になるには? 東北の住宅業界で転職するためのステップ

東北で住宅業界に転職を考えてる方にオススメの求人!建築業界の意匠とは?

待遇充実の求人も~東北の住宅営業に向いている人とは?

施工管理に向いてない人のための東北住宅業界転職アドバイス

転職で再発見したい人とのつながり~東北で楽しい住宅営業

住宅業界の営業職に女性が向いている理由や持っておきたい適性・職場選び

東北の住宅業界への転職を目指す!やりがいや必要なスキルを紹介

秋田の住宅業界の求人を探す!移住の利点・欠点や補助金の解説

東北の住宅業界の求人を目指す!女性建築士の需要や適性など解説

東北の住宅業界の求人は?建築士のやりがいや仕事内容などを紹介

東北の住宅業界の将来性は?住宅営業など求人がある職種を紹介!

住宅業界の人手不足は東北でも~変化する業界の求人に注目

現場施工管理士は未経験でもなれる?東北の住宅業界へ転職するポイント

一級建築士は未経験でもなれる転職できる職種というのは本当か?

東北の住宅業界への転職を目指す~適正化が進む住宅業界

東北の住宅業界で転職した人の平均年齢と転職前の職種とは?

東北で住宅業界に転職する際に必要な準備とは?

東北の住宅業界の求人動向とは?今後の動向についても解説

未経験で転職!東北で住宅業界営業に転職するには?

東北の住宅業界営業のやりがいとは?仕事内容や転職のポイント

住宅業界の魅力とは?地元東北で求人を見つける方法を解説

やりがいのある住宅営業の仕事とは?東北で転職なら必見!

スキルを証明する資格を持って住宅業界の求人に応募しよう!

東北の住宅業界に転職する際人気の地元企業を県別に紹介

住宅業界と建設業界の違いとは?転職するなら知っておきたい動向

将来性のある住宅業界に転職する為に知っておきたい住宅業界の課題と対策

東北・住宅業界の現状と今後の見通しは?市場の動向を知って転職活動に役立てよう

東北・住宅業界への転職で未経験歓迎の求人はある?工務店の仕事内容とポイントを解説

工務店が抱える転職採用の課題とは?日沼工務店の採用率向上のための取り組み

東北・住宅業界への転職!志望動機のポイントとは?業界の特徴を押さえて転職を成功させよう

あこがれの仙台暮らし~住宅業界に転職するならこの求人

自然と歴史が調和する盛岡で住宅業界に転職~おすすめ工務店を紹介

市場動向は戸建てが増加中!東北で転職を考えるなら住宅業界へ

働いている人アンケートから見える東北の住宅業界転職と働く喜び

秋田を中心に施工を手掛ける日沼工務店 施工事例から紐解く強みと特徴

儲からないと言われる工務店の仕事は案外悪くない!?

働き方改革の今がチャンス!建築のお仕事に未経験から転職

秋田・盛岡地域で工務店に就職するならおすすめ3社を紹介

秋田・盛岡の工務店に就職するなら年収は?職種別に解説

秋田・盛岡で工務店就職する魅力と求人応募のポイント

転職面接で必ず聞かれる質問とは?事前の準備と対策を万全にして面接に臨もう

転職ドラフトで大幅収入アップも夢じゃない?メリット・デメリットも紹介

転職の際の志望理由の書き方とは?今の仕事から動機を考える

おすすめ転職エージェントで理想の転職をサポートしてもらおう!

転職履歴書の書き方は?職務経歴書は必要?ポイントを解説します

現場管理者は何をする?主な仕事内容ややりがいとは?

転職を考えたらまず履歴書!どのように記載すると採用されるのか

アフターフォロー/地元のお客様へ最高の住まいを提供し続けられる

業務管理職/人と関わる業務が好きだから

一級建築士/生まれ育った地域に貢献したい

現場施工管理者/お客様の人生で大きな買い物「家の購入」に携わりたい

住宅営業/数々のハードルをクリアしお客様に最適なご提案を

転職サイトと企業採用サイトの賢い活用方法

転職先の選択理由は?女性に優しい企業ほど成長しているって本当?

建てたら終わりではない!お客様に寄り添うアフターフォローの仕事

一級建築士の仕事を徹底解説!業務内容や年収などを詳しく紹介

現場施工管理者になるには?資格や仕事の内容について

工務店の営業職について知ろう!主な仕事内容や魅力

転職理由を面接で聞かれたとき~面接の極意

東北エリアでの転職は難しい?転職経験者から聞いた本音の話

秋田エリアの働きやすい工務店・ハウスメーカーをご紹介!お客様にも社員にも「礼」を尽くす日沼工務店

秋田エリアの求人情報~地元密着型の企業ほど定着率が高い

工務店の仕事ってどんなもの?採用情報から見えた日沼工務店のワークスタイル

求職中のあなたにアドバイス!経験者から聞いてみた

転職を成功させるための3つのポイント

カテゴリー

アフターフォロー

インタビュー

一級建築士

住宅営業

業務管理職

現場施工管理者

転職コラム

アーカイブ

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月