PR

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)

アフターフォロー

転職面接で必ず聞かれる質問とは?事前の準備と対策を万全にして面接に臨もう

2023/07/31

転職面接は、転職の成功に大きな影響を与える重要なポイントです。しかし、面接本番では緊張してうまく答えられず、言葉が詰まってしまう経験をしたことがある方もいるでしょう。

転職面接での失敗を防ぐためには、必ず聞かれるであろう質問や対策を事前に準備することが重要です。自信を持って面接に臨むために、しっかりと事前の準備を行いましょう。

転職面接に臨む前にしておきたい準備と心得

転職面接を成功させるためには、事前のしっかりとした準備と自信を持って臨むことが重要です。面接前には以下のような準備と心得を持って、自分の魅力をしっかりとアピールし、面接に臨むことが成功への一歩となります。

服装はスーツが基本

転職面接時の服装はスーツが基本です。髪型は前髪をピンで留め、全体が長い場合には後ろで束ねます。そして、髪色はブラックもしくは暗めのブラウンにして清潔感のある見た目を心掛けましょう。また、リクルートスーツは避け、グレーやネイビーなどのカラーを選ぶこともポイントです。

ただし、クリエイティブ職やアパレル、コスメ、デザイン関連の職種などについてはこの限りではないため、企業研究も大切です。清潔感を重視し、靴やバッグもチェックしましょう。

時間に余裕を持つ

面接会社への到着は予定時間の15分前までがベストですが、方向音痴や遅れがちな人は30分前までに着くように調整してください。早すぎると相手に迷惑がかかるため、早く着いた際には周辺のカフェなどで待機して5分前に受付を済ませましょう。

面接には時間厳守が必須ですが、万一遅刻する見込みなら早めに連絡し、遅刻の理由と到着予定時刻を伝えます。また、お詫びの言葉も忘れずに伝えてください。

企業に合わせた志望動機を用意

志望動機は特定の企業に合わせて考え、ありきたりでない内容を準備します。履歴書に記載した内容をベースにして、プラスアルファの情報を伝えるのがおすすめです。その際、自己PRとは異なる内容でポジティブな理由や未来の展望を述べるように心掛けましょう。

また、応募企業に合わせた志望動機を作成するためには企業分析が重要です。ホームページに記載されている会社概要や主力商品、企業理念、社員の声などをチェックしましょう。

応募の熱意を伝える

転職の面接で最も重要なのは、自分の熱意を伝えることです。ただし、一方的な熱意ではなく、企業の価値観や重要ポイントに自分の熱意がマッチしていることも伝える必要があります。そのためには面接対策や企業分析を行い、マナーを勉強して臨むことが大切です。感謝の気持ちと誠意を持って、自分のオリジナルの言葉で熱意を伝えましょう。

転職面接で必ず聞かれる質問とは?

転職面接で必ず聞かれる定番質問は、主に以下の5つです。

・自己紹介
・職務経歴
・転職理由
・志望動機
・自己PR

面接の場に慣れていない場合、緊張が原因で考えていた自己紹介や志望動機が全て飛んでしまう方は少なくありません。しかし、面接官は完璧な話し方を求めていません。言葉のうまさよりも実直に自分の思いを伝える姿勢を重視しているため、模範解答を丸暗記せずに、自分の言葉で自分の強みを伝えることが重要です。
想定質問に対して何度も練習し、キーワードを使って自分の強みや具体的な事例を話の中心に据えると、自然な言葉で伝えられるようになります。事前の練習によって本番でも自信を持って話すことができます。
また、企業に合わせた志望動機を考えていたつもりでも、面接官から深い質問されると答えに詰まってしまうケースもあります。そもそも志望動機とはなぜその企業に入りたいと思ったかを伝えるもので、ポイントが明確でないと回答が一貫性を欠いてしまいます。
面接官に伝わりやすくするためには、その企業ならではの魅力や好感を抱く部分を強調することです。各企業について研究し、自分の考え方と企業の接点を見つけましょう。その際には自分のスキルよりも、自分のフィルターを通して見た企業の良さをしっかり話すことが大切です。
そのほかにも、ネガティブな退職理由をポジティブに変換して伝えようとし、転職理由や志望動機などが混乱する方もいます。退職理由はネガティブな場合もありますが、転職理由や志望動機はポジティブな要素に焦点を当て、それぞれの要素を具体的に分解して整理し一貫性を持って話すことが重要です。
退職理由、転職理由、志望動機はしっかり区別し、時系列を意識して話がちぐはぐにならないように気を配りましょう。
そして、転職面接によっては強みについて聞かれず、自己PRができないこともあります。しかし、面接自体が自己PRの場であり、一問一答形式だけでなく質問のされ方は様々です。
強みに関して聞かれなくても、別の質問で自己PRできるよう自分の強みを3~5つ絞り込み、それに関連する実績を用意しておくことが重要です。強みや実績をキーワードとして頭にインプットし、口に出して反復することで、面接本番でも自信を持ってアピールできるようになります。

「何か質問はありますか?」転職面接の際確認すべき事

仕事に就く前に、採用担当者との面接で自分の優先事項を明確にしましょう。自分が譲れない点や重視する要素を整理することで、仕事内容とのイメージギャップを減らせます。面接官から「何か質問はありますか?」と聞かれた際には、以下の7点について遠慮せずに質問しましょう。

入社後の給与

具体的な給与条件や給与改定のタイミングについて詳細を確認することが大切です。

昇給や賞与規定

将来的な昇給や賞与の見込みや評価基準について理解することで、キャリアアップに対するイメージを持てます。

社内でのキャリアステップ

中途採用者にとって、将来的なキャリアパスや昇進の可能性を知ることは重要な要素です。

担当する業務

入社後すぐに担当する業務内容や責任範囲を把握し、自分のスキルや志向にマッチしているか確認しましょう。

就業時間および残業時間

ワークライフバランスを重視するならば、就業時間や残業の頻度を確認しておくことが大切です。

産休や育休の取得について(女性の場合)

女性の応募者は、産休や育休の取得に関する制度や過去の取得実績を確認して安心感を得ることが重要です。

これらの項目はトラブルの元となり得るので、納得のいく答えを得るためにしっかりと確認してください。面接は求職者と企業との平等な関係ですので、自分のキャリアを傷つけないためにも、遠慮せずに自分の意思を伝える姿勢が大切です。また、自分が大切にしたい条件や要素を事前に洗い出しておくことで、適切な企業を見極めることができるでしょう。


転職面接では、業種に関係なくほとんど同じ質問がされ、流れも決まっています。そのため、事前に聞かれるであろう質問の回答を準備しておくことで、本番でも緊張しすぎることなく自信を持ってハキハキと話すことができ。

特に重要なキーポイントとして、志望動機が挙げられます。志望動機を通して、応募者の熱意や強みなどを面接官が読み取るため、その内容次第で合否が決定されることもあります。

ただし、良い印象を持ってもらえる志望動機は企業や面接官によって異なるため、インターネットや参考書の真似事だけでは十分ではありません。面接で必ず聞かれるため、履歴書を作成する段階で自分の考え方や強みと企業の接点を見つけることが重要です。それによって、自分自身の独自の志望動機を明確にし、自信を持って伝えることができるでしょう。

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)はこちら

記事一覧

住宅業界へ転職!女性でも施工管理になれる?

異業種から住宅業界へ転職できる?

住宅業界が抱える「2025年問題」とは?

東北で住宅業界の求人を探す人必見! 転職に必要なキャリアプランを紹介

住宅業界と業態とは?不動産業との違いも解説

建築士に英語力は必要?東北の住宅業界における外国人労働者雇用についても解説

住宅業界へ転職するなら知っておきたい工務店・ハウスメーカーの住宅営業スタイル

住宅業界の施工管理へ未経験でも転職できる?

住宅業界に事務職の求人はある?

現場施工管理者が実現したい工程管理のシナジー効果とは?

コミュニケーションを磨いて信頼される業務管理職を目指すには?

人との繋がりを大切にする連携能力の高い一級建築士を目指すには?

これからの住宅営業に求められるチームワークの能力とは?

変化する住宅業界で現場施工管理者の賃金はどうなる?

住宅業界における業務管理職の賃金とは?信頼されるリーダー像

物価高騰時代における焦点~住宅営業の賃金を上げるには?

転職で一級建築士の賃金アップを東北で成功させるには?

ハウスメーカーでアフターフォローを集客につなげる営業とは?

東北でインテリアコーディネーター転職・就職を目指す方法

秋田・岩手・宮城の求人トレンドと地元で働きたい学生の声

ハウスメーカーへ転職したい人必見!求人トレンドや動向を解説

住宅営業はなぜ「きつい」と言われる?東北の住宅業界へ転職したい人へアドバイス

未経験からのハウジングアドバイザー転職~東北の住宅業界に必要な知識

2024年問題は住宅業界にも影響する?転職する前に知っておきたい東北の業界事情

住宅業界で転職を検討している方におすすめ!住宅設計士について紹介

建築士と設計士の主な違い~転職からキャリアアップも目指せる

転職に工事経歴書は必ず必要? 職務経歴書との違いと書き方

転職して東北の住宅業界で輝こう!CAD設計者への道

東北の住宅業界の現場監督に転職するには資格は必要ない?

建築士になるには? 東北の住宅業界で転職するためのステップ

東北で住宅業界に転職を考えてる方にオススメの求人!建築業界の意匠とは?

待遇充実の求人も~東北の住宅営業に向いている人とは?

施工管理に向いてない人のための東北住宅業界転職アドバイス

転職で再発見したい人とのつながり~東北で楽しい住宅営業

住宅業界の営業職に女性が向いている理由や持っておきたい適性・職場選び

東北の住宅業界への転職を目指す!やりがいや必要なスキルを紹介

秋田の住宅業界の求人を探す!移住の利点・欠点や補助金の解説

東北の住宅業界の求人を目指す!女性建築士の需要や適性など解説

東北の住宅業界の求人は?建築士のやりがいや仕事内容などを紹介

東北の住宅業界の将来性は?住宅営業など求人がある職種を紹介!

住宅業界の人手不足は東北でも~変化する業界の求人に注目

現場施工管理士は未経験でもなれる?東北の住宅業界へ転職するポイント

一級建築士は未経験でもなれる転職できる職種というのは本当か?

東北の住宅業界への転職を目指す~適正化が進む住宅業界

東北の住宅業界で転職した人の平均年齢と転職前の職種とは?

東北で住宅業界に転職する際に必要な準備とは?

東北の住宅業界の求人動向とは?今後の動向についても解説

未経験で転職!東北で住宅業界営業に転職するには?

東北の住宅業界営業のやりがいとは?仕事内容や転職のポイント

住宅業界の魅力とは?地元東北で求人を見つける方法を解説

やりがいのある住宅営業の仕事とは?東北で転職なら必見!

スキルを証明する資格を持って住宅業界の求人に応募しよう!

東北の住宅業界に転職する際人気の地元企業を県別に紹介

住宅業界と建設業界の違いとは?転職するなら知っておきたい動向

将来性のある住宅業界に転職する為に知っておきたい住宅業界の課題と対策

東北・住宅業界の現状と今後の見通しは?市場の動向を知って転職活動に役立てよう

東北・住宅業界への転職で未経験歓迎の求人はある?工務店の仕事内容とポイントを解説

工務店が抱える転職採用の課題とは?日沼工務店の採用率向上のための取り組み

東北・住宅業界への転職!志望動機のポイントとは?業界の特徴を押さえて転職を成功させよう

あこがれの仙台暮らし~住宅業界に転職するならこの求人

自然と歴史が調和する盛岡で住宅業界に転職~おすすめ工務店を紹介

市場動向は戸建てが増加中!東北で転職を考えるなら住宅業界へ

働いている人アンケートから見える東北の住宅業界転職と働く喜び

秋田を中心に施工を手掛ける日沼工務店 施工事例から紐解く強みと特徴

儲からないと言われる工務店の仕事は案外悪くない!?

働き方改革の今がチャンス!建築のお仕事に未経験から転職

秋田・盛岡地域で工務店に就職するならおすすめ3社を紹介

秋田・盛岡の工務店に就職するなら年収は?職種別に解説

秋田・盛岡で工務店就職する魅力と求人応募のポイント

転職面接で必ず聞かれる質問とは?事前の準備と対策を万全にして面接に臨もう

転職ドラフトで大幅収入アップも夢じゃない?メリット・デメリットも紹介

転職の際の志望理由の書き方とは?今の仕事から動機を考える

おすすめ転職エージェントで理想の転職をサポートしてもらおう!

転職履歴書の書き方は?職務経歴書は必要?ポイントを解説します

現場管理者は何をする?主な仕事内容ややりがいとは?

転職を考えたらまず履歴書!どのように記載すると採用されるのか

アフターフォロー/地元のお客様へ最高の住まいを提供し続けられる

業務管理職/人と関わる業務が好きだから

一級建築士/生まれ育った地域に貢献したい

現場施工管理者/お客様の人生で大きな買い物「家の購入」に携わりたい

住宅営業/数々のハードルをクリアしお客様に最適なご提案を

転職サイトと企業採用サイトの賢い活用方法

転職先の選択理由は?女性に優しい企業ほど成長しているって本当?

建てたら終わりではない!お客様に寄り添うアフターフォローの仕事

一級建築士の仕事を徹底解説!業務内容や年収などを詳しく紹介

現場施工管理者になるには?資格や仕事の内容について

工務店の営業職について知ろう!主な仕事内容や魅力

転職理由を面接で聞かれたとき~面接の極意

東北エリアでの転職は難しい?転職経験者から聞いた本音の話

秋田エリアの働きやすい工務店・ハウスメーカーをご紹介!お客様にも社員にも「礼」を尽くす日沼工務店

秋田エリアの求人情報~地元密着型の企業ほど定着率が高い

工務店の仕事ってどんなもの?採用情報から見えた日沼工務店のワークスタイル

求職中のあなたにアドバイス!経験者から聞いてみた

転職を成功させるための3つのポイント

カテゴリー

アフターフォロー

インタビュー

一級建築士

住宅営業

業務管理職

現場施工管理者

転職コラム

アーカイブ

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月