PR

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)

転職コラム

建築士になるには? 東北の住宅業界で転職するためのステップ

2024/01/26

東北で住宅業界の求人を探しているなら、まずは転職に必要なことについて知っておくべきです。

まず建築士には、木造建築士、二級建築士、一級建築士の3種類があります。この中でも一級建築士の平均年収が1番高く、転職も比較的しやすいです。

また、一級建築士になるためには、資格を取得しなければなりません。受験する際に、実務経験が必要になるケースもあります。社会人が建築士になる場合は、実務経験を積むか、働きながら専門学校に通うかの2つの方法があり、自分に合った方法の選択が必要です。

まずは建築士の役割と転職市場を知ろう

デザインが得意な方や、街づくりに興味がある方のなかには、建築士に憧れる方も多いかもしれません。こちらでは、東北の住宅業界への転職を検討している方に向けて、住宅業界における建築士の役割、平均年収、転職市場について紹介します。

住宅業界における建築士の役割

主な仕事は建物の設計業務ですが、住宅業界での主な役割としては以下のようなものがあります。

・住まいの設計および工事管理
・施主への重要事項説明
・工事の指導監督
・工事契約に関する事務
・建物の調査および鑑定
 
建築士には、木造建築士、二級建築士、一級建築士の3種類があり、いずれも国家資格ですが、取得している資格によって扱える建物が異なります。

木造建築士

取り扱える建築物は、木造のみです。

二級建築士

設計できる建物は、延べ面積500㎡以下の公共建築物、木造建築物に限定されます。

一級建築士

マンション、超高層ビルを含めたすべての建築物の設計、および工事管理が可能です。

平均年収と転職市場

建築士の平均年収と転職市場の現状は、次のとおりです。

平均年収

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、一級建築士の平均年収は、男性が約653万円、女性が約561万円でした。

なお一級建築士でも、活躍する場によって年収は変動し、大手ゼネコンや建築事務所に就職すれば800万~1,000万円以上の年収になることもあります。

出典元:厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」

転職市場

2021年8月の建築・土木・測量技術者の有効求人倍率は、5.36倍でした。有効求人倍率は2017年以降5倍以上を保っているため、建築士の転職市場は売り手市場といえるでしょう。

国土交通省の発表では、建設業全体の就業者数も減少傾向にあるため、建築士としての住宅業界への転職は、比較的しやすいといえます。

出典元:国土交通省「建設業を取り巻く現状について」

建築士として転職するためのステップ

次に、住宅業界に建築士として転職する際に必要なことについて見てみましょう。資格取得へのプロセスと社会人が建築士になる方法は、次のとおりです。

資格取得へのさまざまなプロセス

建築士の資格を取得するプロセスは複数存在しますが、まずは受験資格を満たさなくてはいけません。二級建築士と木造建築士の受験資格は、建築士法第15条で以下のように定められています。

第一号 大学、短期大学、高等専門学校において指定科目を修めて卒業する
第二号 高等学校、中等教育学校において指定科目を修めて卒業する
第三号  都道府県知事が認める者建築設備士
第四号 建築に関する学歴なし、実務7年以上

※資格取得の最短ルートは、高校卒業する、建築学科の短大を卒業する、受験して資格取得となります。

社会人が建築士になるには

建築に関する学歴がなくても建築士の資格は取得できるため、社会人になってからでも転職は可能です。社会人が未経験で建築士として住宅業界に転職する具体的な方法は、次の2つのいずれかになります。

転職して実務経験を積む

学歴なしでも、実務経験を7年積めば受験資格が得られます。この場合、転職先は設計図書や施工図を取り扱う建築士事務所や設計会社が望ましいです。こちらの方法は、社会人としての経験ができるだけでなく、収入も得られるため、学費などの経済的負担を軽減できるメリットがあります。

専門学校に通う

より早く受験資格を満たしたい方は、専門学校に通うのがおすすめです。専門学校で学べば2年で受験資格を取得できます。夜間の専門学校であれば、働きながら受験資格を得ることが可能です。専門学校の学費は、通常100万円以上かかりますが、通信講座や教育訓練給付金を活用すれば、学費は安く抑えられます。

東北での最適な建築士求人の見つけ方

建築士を目指して住宅業界へ転職しても、仕事が忙しすぎたり、会社の理解がなかったりすると、思うように勉強がはかどらないでしょう。こちらでは、東北で建築士として住宅業界へ転職する際に、適切な建築士求人を見つける方法と、おすすめの転職先を紹介します。

求人情報の見つけ方

建築士求人の情報は、主に以下の3つの方法で見つけることが可能です。

求人サイト

会社のホームページに求人情報を掲載していることもよくありますが、1社ずつ調べるとかなりの時間がかかります。求人サイトを活用すれば、条件にあった建築士の求人情報を1度で見つけられて便利です。

ハローワーク

地元の求人情報を探すのに適しています。通常、平日の開庁時間は8:30~17:15で、土曜日の開庁時間は10:00~17:00ですが、地域によって異なるため確認が必要です。求人情報はインターネットでも調べられます。

転職エージェント

転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが求職者のヒアリングを行い、条件にあった求人情報を提供してくれます。非公開の求人情報を得られたり、条件交渉を依頼できたりするのが魅力です。建築士を目指すなら、住宅業界や建築業界に特化した転職エージェントを選ぶことをおすすめします。

建築士のおすすめの転職先

建築士になる夢を実現しやすい主な転職先は、次の5つです。

建築会社

土木営業、施工管理、設計などの仕事を経験できます。

設計事務所

堅実なデザインを得意とする組織系と、特殊なデザインを行うアトリエ系があります。

デベロッパー・不動産業者会社

都市再開発やリゾート施設といった、大きなプロジェクトに携われます。能力に応じた高い給与水準も魅力です。

飲食店や販売会社

建物のデザインや店舗の内装設計を行います。

ハウスメーカー

戸建ての設計、建築、販売が主な仕事です。


建築士は住宅業界で主に建物の設計業務に携わっています。木造建築士、二級建築士、一級建築士の3つの資格があり、扱える建物が異なるため、適切な資格を選択して取得することが重要です。平均年収は一級が高く、2021年8月の有効求人倍率は5.36倍で、売り手市場が続いています。

資格の取得に必要なステップは学歴や経験により異なるため、自分に合った方法を選択しましょう。社会人が建築士に転職するには、実務経験を積むか、専門学校に通うことで資格取得が可能です。

求人情報は求人サイトやハローワーク、転職エージェントを利用することを推奨します。建設会社や設計事務所、デベロッパー、飲食店や販売会社、ハウスメーカーが転職先の選択肢です。

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)はこちら

記事一覧

住宅業界へ転職!女性でも施工管理になれる?

異業種から住宅業界へ転職できる?

住宅業界が抱える「2025年問題」とは?

東北で住宅業界の求人を探す人必見! 転職に必要なキャリアプランを紹介

住宅業界と業態とは?不動産業との違いも解説

建築士に英語力は必要?東北の住宅業界における外国人労働者雇用についても解説

住宅業界へ転職するなら知っておきたい工務店・ハウスメーカーの住宅営業スタイル

住宅業界の施工管理へ未経験でも転職できる?

住宅業界に事務職の求人はある?

現場施工管理者が実現したい工程管理のシナジー効果とは?

コミュニケーションを磨いて信頼される業務管理職を目指すには?

人との繋がりを大切にする連携能力の高い一級建築士を目指すには?

これからの住宅営業に求められるチームワークの能力とは?

変化する住宅業界で現場施工管理者の賃金はどうなる?

住宅業界における業務管理職の賃金とは?信頼されるリーダー像

物価高騰時代における焦点~住宅営業の賃金を上げるには?

転職で一級建築士の賃金アップを東北で成功させるには?

ハウスメーカーでアフターフォローを集客につなげる営業とは?

東北でインテリアコーディネーター転職・就職を目指す方法

秋田・岩手・宮城の求人トレンドと地元で働きたい学生の声

ハウスメーカーへ転職したい人必見!求人トレンドや動向を解説

住宅営業はなぜ「きつい」と言われる?東北の住宅業界へ転職したい人へアドバイス

未経験からのハウジングアドバイザー転職~東北の住宅業界に必要な知識

2024年問題は住宅業界にも影響する?転職する前に知っておきたい東北の業界事情

住宅業界で転職を検討している方におすすめ!住宅設計士について紹介

建築士と設計士の主な違い~転職からキャリアアップも目指せる

転職に工事経歴書は必ず必要? 職務経歴書との違いと書き方

転職して東北の住宅業界で輝こう!CAD設計者への道

東北の住宅業界の現場監督に転職するには資格は必要ない?

建築士になるには? 東北の住宅業界で転職するためのステップ

東北で住宅業界に転職を考えてる方にオススメの求人!建築業界の意匠とは?

待遇充実の求人も~東北の住宅営業に向いている人とは?

施工管理に向いてない人のための東北住宅業界転職アドバイス

転職で再発見したい人とのつながり~東北で楽しい住宅営業

住宅業界の営業職に女性が向いている理由や持っておきたい適性・職場選び

東北の住宅業界への転職を目指す!やりがいや必要なスキルを紹介

秋田の住宅業界の求人を探す!移住の利点・欠点や補助金の解説

東北の住宅業界の求人を目指す!女性建築士の需要や適性など解説

東北の住宅業界の求人は?建築士のやりがいや仕事内容などを紹介

東北の住宅業界の将来性は?住宅営業など求人がある職種を紹介!

住宅業界の人手不足は東北でも~変化する業界の求人に注目

現場施工管理士は未経験でもなれる?東北の住宅業界へ転職するポイント

一級建築士は未経験でもなれる転職できる職種というのは本当か?

東北の住宅業界への転職を目指す~適正化が進む住宅業界

東北の住宅業界で転職した人の平均年齢と転職前の職種とは?

東北で住宅業界に転職する際に必要な準備とは?

東北の住宅業界の求人動向とは?今後の動向についても解説

未経験で転職!東北で住宅業界営業に転職するには?

東北の住宅業界営業のやりがいとは?仕事内容や転職のポイント

住宅業界の魅力とは?地元東北で求人を見つける方法を解説

やりがいのある住宅営業の仕事とは?東北で転職なら必見!

スキルを証明する資格を持って住宅業界の求人に応募しよう!

東北の住宅業界に転職する際人気の地元企業を県別に紹介

住宅業界と建設業界の違いとは?転職するなら知っておきたい動向

将来性のある住宅業界に転職する為に知っておきたい住宅業界の課題と対策

東北・住宅業界の現状と今後の見通しは?市場の動向を知って転職活動に役立てよう

東北・住宅業界への転職で未経験歓迎の求人はある?工務店の仕事内容とポイントを解説

工務店が抱える転職採用の課題とは?日沼工務店の採用率向上のための取り組み

東北・住宅業界への転職!志望動機のポイントとは?業界の特徴を押さえて転職を成功させよう

あこがれの仙台暮らし~住宅業界に転職するならこの求人

自然と歴史が調和する盛岡で住宅業界に転職~おすすめ工務店を紹介

市場動向は戸建てが増加中!東北で転職を考えるなら住宅業界へ

働いている人アンケートから見える東北の住宅業界転職と働く喜び

秋田を中心に施工を手掛ける日沼工務店 施工事例から紐解く強みと特徴

儲からないと言われる工務店の仕事は案外悪くない!?

働き方改革の今がチャンス!建築のお仕事に未経験から転職

秋田・盛岡地域で工務店に就職するならおすすめ3社を紹介

秋田・盛岡の工務店に就職するなら年収は?職種別に解説

秋田・盛岡で工務店就職する魅力と求人応募のポイント

転職面接で必ず聞かれる質問とは?事前の準備と対策を万全にして面接に臨もう

転職ドラフトで大幅収入アップも夢じゃない?メリット・デメリットも紹介

転職の際の志望理由の書き方とは?今の仕事から動機を考える

おすすめ転職エージェントで理想の転職をサポートしてもらおう!

転職履歴書の書き方は?職務経歴書は必要?ポイントを解説します

現場管理者は何をする?主な仕事内容ややりがいとは?

転職を考えたらまず履歴書!どのように記載すると採用されるのか

アフターフォロー/地元のお客様へ最高の住まいを提供し続けられる

業務管理職/人と関わる業務が好きだから

一級建築士/生まれ育った地域に貢献したい

現場施工管理者/お客様の人生で大きな買い物「家の購入」に携わりたい

住宅営業/数々のハードルをクリアしお客様に最適なご提案を

転職サイトと企業採用サイトの賢い活用方法

転職先の選択理由は?女性に優しい企業ほど成長しているって本当?

建てたら終わりではない!お客様に寄り添うアフターフォローの仕事

一級建築士の仕事を徹底解説!業務内容や年収などを詳しく紹介

現場施工管理者になるには?資格や仕事の内容について

工務店の営業職について知ろう!主な仕事内容や魅力

転職理由を面接で聞かれたとき~面接の極意

東北エリアでの転職は難しい?転職経験者から聞いた本音の話

秋田エリアの働きやすい工務店・ハウスメーカーをご紹介!お客様にも社員にも「礼」を尽くす日沼工務店

秋田エリアの求人情報~地元密着型の企業ほど定着率が高い

工務店の仕事ってどんなもの?採用情報から見えた日沼工務店のワークスタイル

求職中のあなたにアドバイス!経験者から聞いてみた

転職を成功させるための3つのポイント

カテゴリー

アフターフォロー

インタビュー

一級建築士

住宅営業

業務管理職

現場施工管理者

転職コラム

アーカイブ

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月