PR

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)

転職コラム

東北・住宅業界の現状と今後の見通しは?市場の動向を知って転職活動に役立てよう

2023/10/16

東北-住宅業界-転職-求人-今後の見通し

東北の住宅業界では、慢性的な人材不足や新設住宅着工戸数の減少といった課題を抱えています。今後の住宅業界は、省エネ住宅と中古市場の対応、海外展開に注力する方向に向かっていくことが大切です。

 

今回は住宅業界の現状や新型コロナウイルスによる影響、また今後の見通しについて解説します。

住宅業界の現状は?

新型コロナウイルス、ウッドショック、原材料の高騰など、住宅業界に対して影響を与える出来事が多くありましたが、その他にも、現状の住宅業界が抱える課題は数多くあります。

慢性的な人材不足

現在の住宅業界は、人材不足に悩まされています。この問題の原因を3つの観点から解説します。

若手の高い離職率

住宅業界、建設業界における若手の離職率は平均38%とされており、定着率は高いとは言えないでしょう。

 

建設業界は、きつい、汚い、危険の「3K」というイメージがあり、最近では、労働強度が高い、厳格な管理、長時間労働という「新3K」ともいわれるようになりました。

 

人手不足の原因には、労働環境や働き手の健康への意識が高まっている現代にそぐわない「3K」「新3K」の労働環境が考えられます。

経験豊富なベテランの引退

建設業界では、55歳以上のベテラン労働者が全体の30%以上を占め、29歳以下の若手は10%程度です。今後10年以内に、ベテラン層の大半は退職することでしょう。

 

それと同時に、多くのベテラン労働者が保持している資格や専門的なスキルも失われ、専門性を要する作業における労働力も不足していきます。

ベテラン層の引退により、人手不足はさらに深刻化する可能性が高いです。

労働人口の減少

建築業界に限らず、少子高齢化の影響により、労働人口は縮小傾向にあります。少子化対策を進んでいますが、将来的に増加する可能性は、ほぼ見込めないでしょう。

 

人口減少は避けられないため、労働環境の改善や外国人労働者の雇用、IT技術の導入による生産性の向上など、少ない人数で対応できるように、業界側も変わらなければいけません。

新設住宅着工戸数の減少

日本の人口減少の影響を受け、新規の住宅着工戸数も年々減少傾向にあります。

株式会社野村総合研究所の発表によれば、新設住宅の着工戸数は2030年度には70万戸、2040年度には49万戸にまで落ち込むとされています。

 

国土交通省が発表した2021年の新設住宅着工戸数が865,909戸であるため、住宅市場全体が縮小していくことは予想できます。

 

住宅業界は、少ない顧客を取り合うことになるため、サービスの向上や価格競争など、様々な戦略を取ることになるかもしれません。

 

出典元:

NRI「2040年度の新設住宅着工戸数は49万戸に減少、2040年の既存住宅流通量は20万戸に増加する見通し」

国土交通省「2023年の新設住宅着工戸数」

新型コロナウイルスが住宅業界に与えた影響

2019年から流行した新型コロナウイルスは、住宅業界に対しても様々な影響を与えてきました。特に外出自粛による集客と販売数の減少や、資材高騰などの影響で、住宅業界の働き方が変わってきています。

資材の入手難・高騰と工期の遅れ

住宅建設用の資材を提供する世界中のサプライチェーンで、工場の稼働制限や停止を余儀なくされ、住宅建設に使われる設備や資材の生産が間に合わないことが頻発しました。

その結果、工期遅延や引き渡しの延期が発生し、工事代金の回収が難しくなることもありました。

 

一旦の落ち着きを見せていますが、サプライチェーン全体への影響は残っており、先行きはまだまだ不透明な状況です。

集客の方法の変化

外出自粛の要請などにより、住宅展示場などの対面営業は避けられ、オンラインでの集客が注目されるようになりました。

現在では、オンラインでの内覧やバーチャル展示など、3Dモデルを使った完成図のイメージ確認など、非対面式の営業戦略を積極的に取り組む企業も出てきました。

 

なお、住宅展示場などは回復傾向にあります。withコロナやafterコロナの環境に合わせ、対面とオンラインをバランスよく組み合わせた営業戦略を考えていくことが重要でしょう。

住宅市場の販売は回復しつつある

外出自粛要請の解除、ワクチン接種などの対応により、コロナ禍が落ち着いて以降、住宅市場は回復しつつあります。特にコロナ禍において、リモートワークが定着したことも大きな要因といえるでしょう。

 

リモートワークにより家で過ごすことが増えた結果、住み心地のよい家を求めて、郊外に家を建てる需要が伸びています。

こういった状況は、新設住宅着工戸数が減少傾向にある住宅業界にとっては追い風とも考えられます。

住宅業界の今後の見通しは?

住宅業界の労働人口減少、新規戸建ての減少による市場縮小などが予想される住宅業界は、今後どうなるでしょうか?

省エネ基準適合の義務化

2025年以降、住宅を含むすべての新規の建物に省エネ基準適合が義務化されます。

そのため、ZEH(ゼッチ)やスマートハウスなど、省エネ・創エネを主軸とした建物の発展に期待が持てます。

 

今後、省エネ基準の適合はより厳しいものになっていきます。住宅業界での発展には、省エネ住宅への対応は欠かせないものになるでしょう。

ZEH(ゼッチ)

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で、省エネ素材や創エネ設備の導入で、建物の総エネルギー収支をゼロに近づける仕組みのことです。

スマートハウス

IT技術を駆使してエネルギーを効率的に利用、省エネを実現する住宅のことです。

中古市場や海外事業の開拓

日本における新規住宅事業は縮小傾向にあるため、別事業を模索していく必要があります。重要となってくるのは、リフォームやリノベーションなどの中古市場と海外事業でしょう。

 

中古市場では、建築した住宅のアフターフォローやメンテナンスで、住宅の寿命を延ばし、住み継いでいくシステムを作ることが重要です。

住宅の寿命が延びるのは、建材の消費低減にもつながり、省エネが見込めます。いかにシステムを構築できるかが、今後のポイントです。

 

また、海外に目を向けると、米国や豪州、アジアでは人口増加に伴った住宅需要の増加が見込めます。厳しい点はありますが、日本企業にもまだまだチャンスはあるでしょう。


住宅業界は人材不足、新設住宅の減少、新型コロナウイルスの影響などの課題を抱えています。若手の高い離職率、ベテランの引退、人口減少が人材不足の要因です。新型コロナウイルスは資材入手難、工期の遅れ、集客方法の変化などに影響しました。

 

住宅業界が今後も発展していくためには、省エネ基準の義務化、中古市場や海外事業の開拓などに対応していくことが必要となっていきます。

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)はこちら

記事一覧

住宅業界へ転職!女性でも施工管理になれる?

異業種から住宅業界へ転職できる?

住宅業界が抱える「2025年問題」とは?

東北で住宅業界の求人を探す人必見! 転職に必要なキャリアプランを紹介

住宅業界と業態とは?不動産業との違いも解説

建築士に英語力は必要?東北の住宅業界における外国人労働者雇用についても解説

住宅業界へ転職するなら知っておきたい工務店・ハウスメーカーの住宅営業スタイル

住宅業界の施工管理へ未経験でも転職できる?

住宅業界に事務職の求人はある?

現場施工管理者が実現したい工程管理のシナジー効果とは?

コミュニケーションを磨いて信頼される業務管理職を目指すには?

人との繋がりを大切にする連携能力の高い一級建築士を目指すには?

これからの住宅営業に求められるチームワークの能力とは?

変化する住宅業界で現場施工管理者の賃金はどうなる?

住宅業界における業務管理職の賃金とは?信頼されるリーダー像

物価高騰時代における焦点~住宅営業の賃金を上げるには?

転職で一級建築士の賃金アップを東北で成功させるには?

ハウスメーカーでアフターフォローを集客につなげる営業とは?

東北でインテリアコーディネーター転職・就職を目指す方法

秋田・岩手・宮城の求人トレンドと地元で働きたい学生の声

ハウスメーカーへ転職したい人必見!求人トレンドや動向を解説

住宅営業はなぜ「きつい」と言われる?東北の住宅業界へ転職したい人へアドバイス

未経験からのハウジングアドバイザー転職~東北の住宅業界に必要な知識

2024年問題は住宅業界にも影響する?転職する前に知っておきたい東北の業界事情

住宅業界で転職を検討している方におすすめ!住宅設計士について紹介

建築士と設計士の主な違い~転職からキャリアアップも目指せる

転職に工事経歴書は必ず必要? 職務経歴書との違いと書き方

転職して東北の住宅業界で輝こう!CAD設計者への道

東北の住宅業界の現場監督に転職するには資格は必要ない?

建築士になるには? 東北の住宅業界で転職するためのステップ

東北で住宅業界に転職を考えてる方にオススメの求人!建築業界の意匠とは?

待遇充実の求人も~東北の住宅営業に向いている人とは?

施工管理に向いてない人のための東北住宅業界転職アドバイス

転職で再発見したい人とのつながり~東北で楽しい住宅営業

住宅業界の営業職に女性が向いている理由や持っておきたい適性・職場選び

東北の住宅業界への転職を目指す!やりがいや必要なスキルを紹介

秋田の住宅業界の求人を探す!移住の利点・欠点や補助金の解説

東北の住宅業界の求人を目指す!女性建築士の需要や適性など解説

東北の住宅業界の求人は?建築士のやりがいや仕事内容などを紹介

東北の住宅業界の将来性は?住宅営業など求人がある職種を紹介!

住宅業界の人手不足は東北でも~変化する業界の求人に注目

現場施工管理士は未経験でもなれる?東北の住宅業界へ転職するポイント

一級建築士は未経験でもなれる転職できる職種というのは本当か?

東北の住宅業界への転職を目指す~適正化が進む住宅業界

東北の住宅業界で転職した人の平均年齢と転職前の職種とは?

東北で住宅業界に転職する際に必要な準備とは?

東北の住宅業界の求人動向とは?今後の動向についても解説

未経験で転職!東北で住宅業界営業に転職するには?

東北の住宅業界営業のやりがいとは?仕事内容や転職のポイント

住宅業界の魅力とは?地元東北で求人を見つける方法を解説

やりがいのある住宅営業の仕事とは?東北で転職なら必見!

スキルを証明する資格を持って住宅業界の求人に応募しよう!

東北の住宅業界に転職する際人気の地元企業を県別に紹介

住宅業界と建設業界の違いとは?転職するなら知っておきたい動向

将来性のある住宅業界に転職する為に知っておきたい住宅業界の課題と対策

東北・住宅業界の現状と今後の見通しは?市場の動向を知って転職活動に役立てよう

東北・住宅業界への転職で未経験歓迎の求人はある?工務店の仕事内容とポイントを解説

工務店が抱える転職採用の課題とは?日沼工務店の採用率向上のための取り組み

東北・住宅業界への転職!志望動機のポイントとは?業界の特徴を押さえて転職を成功させよう

あこがれの仙台暮らし~住宅業界に転職するならこの求人

自然と歴史が調和する盛岡で住宅業界に転職~おすすめ工務店を紹介

市場動向は戸建てが増加中!東北で転職を考えるなら住宅業界へ

働いている人アンケートから見える東北の住宅業界転職と働く喜び

秋田を中心に施工を手掛ける日沼工務店 施工事例から紐解く強みと特徴

儲からないと言われる工務店の仕事は案外悪くない!?

働き方改革の今がチャンス!建築のお仕事に未経験から転職

秋田・盛岡地域で工務店に就職するならおすすめ3社を紹介

秋田・盛岡の工務店に就職するなら年収は?職種別に解説

秋田・盛岡で工務店就職する魅力と求人応募のポイント

転職面接で必ず聞かれる質問とは?事前の準備と対策を万全にして面接に臨もう

転職ドラフトで大幅収入アップも夢じゃない?メリット・デメリットも紹介

転職の際の志望理由の書き方とは?今の仕事から動機を考える

おすすめ転職エージェントで理想の転職をサポートしてもらおう!

転職履歴書の書き方は?職務経歴書は必要?ポイントを解説します

現場管理者は何をする?主な仕事内容ややりがいとは?

転職を考えたらまず履歴書!どのように記載すると採用されるのか

アフターフォロー/地元のお客様へ最高の住まいを提供し続けられる

業務管理職/人と関わる業務が好きだから

一級建築士/生まれ育った地域に貢献したい

現場施工管理者/お客様の人生で大きな買い物「家の購入」に携わりたい

住宅営業/数々のハードルをクリアしお客様に最適なご提案を

転職サイトと企業採用サイトの賢い活用方法

転職先の選択理由は?女性に優しい企業ほど成長しているって本当?

建てたら終わりではない!お客様に寄り添うアフターフォローの仕事

一級建築士の仕事を徹底解説!業務内容や年収などを詳しく紹介

現場施工管理者になるには?資格や仕事の内容について

工務店の営業職について知ろう!主な仕事内容や魅力

転職理由を面接で聞かれたとき~面接の極意

東北エリアでの転職は難しい?転職経験者から聞いた本音の話

秋田エリアの働きやすい工務店・ハウスメーカーをご紹介!お客様にも社員にも「礼」を尽くす日沼工務店

秋田エリアの求人情報~地元密着型の企業ほど定着率が高い

工務店の仕事ってどんなもの?採用情報から見えた日沼工務店のワークスタイル

求職中のあなたにアドバイス!経験者から聞いてみた

転職を成功させるための3つのポイント

カテゴリー

アフターフォロー

インタビュー

一級建築士

住宅営業

業務管理職

現場施工管理者

転職コラム

アーカイブ

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月