PR

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)

転職コラム

これからの住宅営業に求められるチームワークの能力とは?

2024/03/28

東北地方の住宅業界は、就職意欲低下や高齢化・減少などの課題に直面しています。これらに対処するため、高度な営業力とチームワークが不可欠です。競争が激しい市場では顧客の多様なニーズに対応し、信頼関係を築くことが重要です。設計や工事担当との連携も必要で、チームワークによって効率化やコミュニケーションが図られます。

高度な営業力とチームワークが必要な時代に

住宅市場の激しい競争や顧客ニーズの多様化に対応するため、高度な営業力が求められます。特に顧客志向が重視され、信頼関係の構築が必要です。また、チームワークも重要で、効果的な営業活動や課題解決にはチーム内の連携が欠かせません。しかし、チームワークが不十分だとモチベーションが低下し、目標達成に影響します。

◇高度な営業力が求められる

住宅市場は競争が激しく、顧客のニーズや要求も多様化しています。そこで求められるのが、競合他社との差別化と高度な営業力です。近年は、特に住宅業界では顧客志向が重視されており、顧客に対する理解や信頼関係の構築が非常に重要です。顧客とのコミュニケーションや関係構築能力など、高度な営業力を持った人材が必要です。

◇チームワークの向上が求められる

住宅営業は単独で行うことが難しい場合が多いため、チームで連携し、効果的な営業活動を行うことが大切です。チーム内での情報共有や協力体制を円滑にすることによって、より多くの顧客を獲得することができます。チームワークが向上すれば、課題解決に向かって効率よく作業ができるため、目標達成までにかかる時間を短縮できます。

逆にチームワークが正しく機能していないと、モチベーションが低下し、ポジティブな意見やいいアイディアが出にくくなります。

住宅営業で身に着けるべきこととは?

住宅営業では、自社の商品を徹底的に理解し、顧客に適切な提案をする能力が求められます。顧客のニーズを的確に把握し、柔軟に対応することも重要です。さらに、情報を効果的に伝え、コミュニケーション力を高めることも営業の鍵となります。

◇自社の商品を知る

住宅営業では、商品である住宅のクオリティも大切ですが、営業担当者のスキルや努力も重要なポイントです。まず、自社商品をよく研究し顧客が納得するような提案ができるようでなければなりません。自社の強みや経営理念、競合他社よりも優れている点などを書き出し整理することによって、より確かな営業力を身につけることができます。

さらに、販売している住宅のコンセプトをよく理解し、顧客にわかりやすく説明できる努力も必要です。

◇顧客のニーズを把握する

住宅営業では、顧客のニーズを把握し、求めている住宅像をいち早く察知して、適切な提案をすることが大事です。住宅は高額の買い物であるため、臨機応変に顧客のニーズに対応していくことが営業成績を伸ばすポイントになってきます。特に注文住宅の場合には、顧客が欲している抽象的なイメージを具体的に把握し、最善の解決策を提案する能力が必要です。

◇伝える力を学ぶ

顧客のニーズをよくヒアリングすると同時に、求められている情報を伝える力を学ぶことも営業には欠かせません。また、コミュニケーション力を日ごろから磨くことも忘れてはいけません。

チームで一丸となる住宅営業の仕事

営業担当は顧客の要望を設計担当に正しく伝える必要があります。そのため、契約前に設計担当者も商談に参加し、顧客の希望を具体化させます。設計担当は顧客と直接コミュニケーションを取り、理想の家を実現します。同様に、工事担当も現場確認を行い、適切な予算を確保します。

◇設計担当との連携

モデルハウスなどで、最初に顧客とコミュニケーションを取るのは営業担当ですが、注文住宅のようにオーダーメイドの住宅の場合には、顧客の要望が設計担当者に正しく伝わっていなければなりません。ミスマッチが出ないようにするためには、契約の前の時点で設計担当者も顧客との商談に参加することにより、話が具体化することがしばしばあります。

設計担当は営業担当から聞いた話だけをもとにして設計に集中するのではなく、顧客とのコミュニケーションに加わることにより、より顧客の理想に近い家を実現することができるわけです。

◇工事担当との連携

設計担当と同様に、工事担当者との連携も欠かせません。家を建てる土地が変則的であったり、あるいは狭い道路に接している土地だったりする場合には、契約前に工事担当が現場確認をすることで、正しい予算を出すことも可能です。

チームワークがもたらすメリットとは?

チームワークは機会損失や属人化を回避し、効率的な業務を実現します。チーム内でのコミュニケーション活性化はアイディアの共有を促進し、業務効率化を促します。役割分担と連携により業務を効率化し、知識や情報の共有は営業戦略の向上につながります。

◇機会損失や属人化を避ける

チームワークを組むことによって、顧客に対してよりよい対応ができるようになります。単独で行動していると、多数の案件を抱えている場合などは、フォローが十分にできず、他社に顧客を取られてしまうリスクが考えられます。このような機会損失も、チームワークがしっかりとしていれば、他の担当者が補うことができます。

さらに、営業担当者一人が顧客の情報を抱え込んでしまった場合、業務が属人化してしまい、トラブルや不正の可能性が出てきます。

◇コミュニケーションの活性化

チームワークで働くことにより、コミュニケーションが活性化し、よりよいアイディアが出やすくなります。

◇業務の効率化

チームワークによって、業務の分担や役割の明確化が可能です。これにより、各メンバーが自身の専門領域に集中し、より効率的に業務を遂行できます。また、チーム内で連携してタスクを処理することで、迅速な対応や問題解決が図られます。

◇活動の資産化

チームで情報を共有することによって、相互に学び合うことができ、これによって、市場動向や顧客ニーズに関する洞察も深まり、より効果的な営業戦略を展開できるのもチームワークの大きなメリットです。


東北地方の住宅業界は、就職意欲低下や高齢化・減少などの課題に直面しています。これらの課題に対処するためには、営業力とチームワークが不可欠です。

競争の激しい市場で顧客の多様化したニーズに対応するには、高度な営業力が求められます。特に顧客志向が重要視され、信頼関係の構築が必要です。

また、効果的な営業活動や課題解決には、チームワークが欠かせません。一人では難しい場合が多いため、チーム内での連携が重要です。

設計担当や工事担当との連携も不可欠で、顧客の要望が正しく伝わることで、ミスマッチを回避し、顧客満足度を高めることができます。

さらに、チームワークによって機会損失や属人化を防ぎ、業務の効率化やコミュニケーションの活性化が図られます。これにより、より効果的な営業戦略の展開や業績の向上が期待されます。

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)はこちら

記事一覧

住宅業界へ転職!女性でも施工管理になれる?

異業種から住宅業界へ転職できる?

住宅業界が抱える「2025年問題」とは?

東北で住宅業界の求人を探す人必見! 転職に必要なキャリアプランを紹介

住宅業界と業態とは?不動産業との違いも解説

建築士に英語力は必要?東北の住宅業界における外国人労働者雇用についても解説

住宅業界へ転職するなら知っておきたい工務店・ハウスメーカーの住宅営業スタイル

住宅業界の施工管理へ未経験でも転職できる?

住宅業界に事務職の求人はある?

現場施工管理者が実現したい工程管理のシナジー効果とは?

コミュニケーションを磨いて信頼される業務管理職を目指すには?

人との繋がりを大切にする連携能力の高い一級建築士を目指すには?

これからの住宅営業に求められるチームワークの能力とは?

変化する住宅業界で現場施工管理者の賃金はどうなる?

住宅業界における業務管理職の賃金とは?信頼されるリーダー像

物価高騰時代における焦点~住宅営業の賃金を上げるには?

転職で一級建築士の賃金アップを東北で成功させるには?

ハウスメーカーでアフターフォローを集客につなげる営業とは?

東北でインテリアコーディネーター転職・就職を目指す方法

秋田・岩手・宮城の求人トレンドと地元で働きたい学生の声

ハウスメーカーへ転職したい人必見!求人トレンドや動向を解説

住宅営業はなぜ「きつい」と言われる?東北の住宅業界へ転職したい人へアドバイス

未経験からのハウジングアドバイザー転職~東北の住宅業界に必要な知識

2024年問題は住宅業界にも影響する?転職する前に知っておきたい東北の業界事情

住宅業界で転職を検討している方におすすめ!住宅設計士について紹介

建築士と設計士の主な違い~転職からキャリアアップも目指せる

転職に工事経歴書は必ず必要? 職務経歴書との違いと書き方

転職して東北の住宅業界で輝こう!CAD設計者への道

東北の住宅業界の現場監督に転職するには資格は必要ない?

建築士になるには? 東北の住宅業界で転職するためのステップ

東北で住宅業界に転職を考えてる方にオススメの求人!建築業界の意匠とは?

待遇充実の求人も~東北の住宅営業に向いている人とは?

施工管理に向いてない人のための東北住宅業界転職アドバイス

転職で再発見したい人とのつながり~東北で楽しい住宅営業

住宅業界の営業職に女性が向いている理由や持っておきたい適性・職場選び

東北の住宅業界への転職を目指す!やりがいや必要なスキルを紹介

秋田の住宅業界の求人を探す!移住の利点・欠点や補助金の解説

東北の住宅業界の求人を目指す!女性建築士の需要や適性など解説

東北の住宅業界の求人は?建築士のやりがいや仕事内容などを紹介

東北の住宅業界の将来性は?住宅営業など求人がある職種を紹介!

住宅業界の人手不足は東北でも~変化する業界の求人に注目

現場施工管理士は未経験でもなれる?東北の住宅業界へ転職するポイント

一級建築士は未経験でもなれる転職できる職種というのは本当か?

東北の住宅業界への転職を目指す~適正化が進む住宅業界

東北の住宅業界で転職した人の平均年齢と転職前の職種とは?

東北で住宅業界に転職する際に必要な準備とは?

東北の住宅業界の求人動向とは?今後の動向についても解説

未経験で転職!東北で住宅業界営業に転職するには?

東北の住宅業界営業のやりがいとは?仕事内容や転職のポイント

住宅業界の魅力とは?地元東北で求人を見つける方法を解説

やりがいのある住宅営業の仕事とは?東北で転職なら必見!

スキルを証明する資格を持って住宅業界の求人に応募しよう!

東北の住宅業界に転職する際人気の地元企業を県別に紹介

住宅業界と建設業界の違いとは?転職するなら知っておきたい動向

将来性のある住宅業界に転職する為に知っておきたい住宅業界の課題と対策

東北・住宅業界の現状と今後の見通しは?市場の動向を知って転職活動に役立てよう

東北・住宅業界への転職で未経験歓迎の求人はある?工務店の仕事内容とポイントを解説

工務店が抱える転職採用の課題とは?日沼工務店の採用率向上のための取り組み

東北・住宅業界への転職!志望動機のポイントとは?業界の特徴を押さえて転職を成功させよう

あこがれの仙台暮らし~住宅業界に転職するならこの求人

自然と歴史が調和する盛岡で住宅業界に転職~おすすめ工務店を紹介

市場動向は戸建てが増加中!東北で転職を考えるなら住宅業界へ

働いている人アンケートから見える東北の住宅業界転職と働く喜び

秋田を中心に施工を手掛ける日沼工務店 施工事例から紐解く強みと特徴

儲からないと言われる工務店の仕事は案外悪くない!?

働き方改革の今がチャンス!建築のお仕事に未経験から転職

秋田・盛岡地域で工務店に就職するならおすすめ3社を紹介

秋田・盛岡の工務店に就職するなら年収は?職種別に解説

秋田・盛岡で工務店就職する魅力と求人応募のポイント

転職面接で必ず聞かれる質問とは?事前の準備と対策を万全にして面接に臨もう

転職ドラフトで大幅収入アップも夢じゃない?メリット・デメリットも紹介

転職の際の志望理由の書き方とは?今の仕事から動機を考える

おすすめ転職エージェントで理想の転職をサポートしてもらおう!

転職履歴書の書き方は?職務経歴書は必要?ポイントを解説します

現場管理者は何をする?主な仕事内容ややりがいとは?

転職を考えたらまず履歴書!どのように記載すると採用されるのか

アフターフォロー/地元のお客様へ最高の住まいを提供し続けられる

業務管理職/人と関わる業務が好きだから

一級建築士/生まれ育った地域に貢献したい

現場施工管理者/お客様の人生で大きな買い物「家の購入」に携わりたい

住宅営業/数々のハードルをクリアしお客様に最適なご提案を

転職サイトと企業採用サイトの賢い活用方法

転職先の選択理由は?女性に優しい企業ほど成長しているって本当?

建てたら終わりではない!お客様に寄り添うアフターフォローの仕事

一級建築士の仕事を徹底解説!業務内容や年収などを詳しく紹介

現場施工管理者になるには?資格や仕事の内容について

工務店の営業職について知ろう!主な仕事内容や魅力

転職理由を面接で聞かれたとき~面接の極意

東北エリアでの転職は難しい?転職経験者から聞いた本音の話

秋田エリアの働きやすい工務店・ハウスメーカーをご紹介!お客様にも社員にも「礼」を尽くす日沼工務店

秋田エリアの求人情報~地元密着型の企業ほど定着率が高い

工務店の仕事ってどんなもの?採用情報から見えた日沼工務店のワークスタイル

求職中のあなたにアドバイス!経験者から聞いてみた

転職を成功させるための3つのポイント

カテゴリー

アフターフォロー

インタビュー

一級建築士

住宅営業

業務管理職

現場施工管理者

転職コラム

アーカイブ

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月