PR

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)

転職コラム

秋田・岩手・宮城の求人トレンドと地元で働きたい学生の声

2024/02/25

東北地域の求人状況を見ると、秋田県はやや回復傾向で新卒採用数の増加や就職決定率の上昇が見られます。岩手県では求人市場の持ち直しの動きが弱まり、正社員不足が深刻化しています。宮城県では求人数や転職希望者に変化は見られず、横ばいの状況が続いています。地域差異を踏まえ、東北地域全体の雇用状況の安定化に向けた取り組みが必要です。

秋田県の求人トレンドはやや回復傾向

近年、秋田県の求人トレンドは、やや回復傾向にあります。経済の不確定要因や人口減少の影響もある中、労働市場においては一定の持ち直しの兆しが見られます。特に、新卒採用数の増加や就職決定率の上昇など、一部の指標では前向きな動きがあります。

◇回復傾向にあるがやや足踏み

秋田県の求人市場は、2023年の10月における有効求人倍率が1.50倍と前月をわずかに上回っています。しかし、持ち直しの動きに足踏み感があり、物価上昇などの影響により一部で厳しさがみられています。

具体的には、企業の求人は前年同月比で減少しており、多くの業種で人手不足が続く一方で、物価や燃料費の上昇により人件費に経費を回せない事業主も増加しています。これらの要因が組み合わさり、求人市場の回復が一部で足踏み状態にあります。

今後も物価の高騰や最低賃金の引き上げなどの影響により、一部では厳しい状況が続くと見られています。このような状況で、企業と労働者双方にとって安定した雇用環境を築くためには、経済の安定化や労働条件の改善が求められます。

◇就職支援の強化

全国的に雇用が減少し企業が新卒採用を制限する中、秋田県では新卒求人数が増加し、就職決定率も上昇しています。

この背景には、ハローワークや地域団体の支援があります。特に、「新卒応援ハローワーク」では、全国の求人情報を検索できるサービスが提供され、自宅からもアクセスできます。さらに、エントリーシートや履歴書の作成方法の指導や模擬面接、心理的サポートも提供されています。

また、これまで新卒採用を行っていなかった企業や採用を一時中断していた企業に就職支援員が訪問し、求人の支援を行っています。就職支援員は主に人事労務や就職支援の経験者が担当し、中小企業とのマッチングや職業紹介、職場定着の支援も行っています。

これらの取り組みにより、秋田県では新卒の就職支援が強化され、求人トレンドがやや回復傾向にあります。

岩手県の求人は持ち直しの動きが弱まる

引用元:photo AC

岩手県の求人市場は、持ち直しの動きが弱まりつつあります。経済の不透明感や人口減少の影響が指摘され、雇用の回復が一段と厳しい状況です。

◇持ち直しの動きは弱まる

岩手県の求人市場は、2022年度と比較して持ち直しの動きが弱まっています。有効求人倍率は前年を0.10ポイント下回る1.24倍となり、3年ぶりの低下が見られます。

産業別にみると、ほとんどの産業で新規求人が減少傾向にありますが、飲料・たばこ・飼料製造業やプラスチック製品製造業、情報通信業など一部の産業では増加しています。

これらの動向は、経済の不確定要因や物価上昇などの影響を受けており、引き続きこのような要因に留意する必要があります。求人市場の持ち直しを促進するためには、地域経済の活性化や産業の多様化が求められます。

◇正社員が不足している

東北6県企業の動向調査によると、東北地域全体で正社員の不足が深刻化しています。2022年1月の正社員の不足割合は54.9%(前月比1.6ポイント増)、非正社員も39.2%(同1.2ポイント増)です。新型コロナウイルスやウクライナ情勢、原材料価格の高騰、賃金動向などの要因が企業の雇用動向に不透明感をもたらしています。

特に正社員不足は販売の職業が37.5%で最も多く、専門的・技術的職業(32.1%)、事務的職業(23.2%)、建設・採掘の職業(23.2%)がそれに続いています。

全国で見た場合、社員の高齢化や2024年問題、海外技能実習生の入国制限の影響、DXなどが雇用を積極的にさせる要因として挙げられます。一方で、ウクライナ情勢や新型コロナウイルスの影響により、雇用動向が再び落ち込む懸念もあります。

宮城県の求人トレンドは横ばい傾向が続く

宮城県における求人トレンドは、横ばいの傾向が続いています。経済の変化や人口動態の影響を受けながらも、求人数や転職希望者に大きな変化は見られず、安定した状況が続いています。

◇持ち直しから横ばい傾向へ

宮城県の求人トレンドは、持ち直しから横ばい傾向へと移行しています。前年度と比較して、県内の雇用失業情勢では求人が求職を上回っており、一定の持ち直しの兆しが見られますが、その動きは足踏み感があります。

特に、物価上昇などが雇用に与える影響にはより一層の注意が必要です。2023年の平均有効求人倍率は1.37倍で、前年と同水準です。産業別にみると、卸売業・小売業やサービス業は年々増加傾向にありますが、住宅業界や宿泊業、飲食サービス業などでは減少や横ばいが続いています。

このような傾向は、地域経済の変化や労働市場の構造変化に関連しており、引き続き課題解決に向けた努力が求められます。

◇東北での就職についての意識

東北地域における就職に関する調査から、多くの東北出身者が地元での就職を希望していることがうかがえます。

地元で働きたい理由として、慣れ親しんだ土地への愛着や地元への貢献意識が主に挙げられます。一方で、地元で働きたくない理由は、地元の経済環境や働き口の少なさが主な要因です。

また、東北以外出身者においては、東北での就職に否定的な意識が強く、生活環境や就職先の営業所の有無などがその理由として挙げられます。

こうした意識の違いは、地域の経済や社会環境の影響を反映しており、地域間の就職意識の違いに理解を深める必要があります。


東北地域の求人状況を分析すると、秋田県ではやや回復傾向が見られます。特に、新卒採用数の増加や就職決定率の上昇など、一部の指標では前向きな動きがみられます。

しかし、企業の求人数が前年比で減少しており、物価や燃料費の上昇による人件費の増加などが影響し、求人市場の回復には足踏み感があります。今後は物価の高騰や最低賃金の引き上げなどの要因により、一部で厳しい状況が続く見込みです。

一方で、岩手県では求人市場の持ち直しの動きが弱まっており、有効求人倍率の低下や産業別の新規求人の減少が見られます。正社員不足が深刻化しており、特に販売職や専門的・技術的職業、事務的職業、建設・採掘の職業でその影響が顕著です。

さらに、宮城県では求人数や転職希望者に大きな変化は見られず、横ばいの状況が続いています。地元での就職を希望する声が多く、地域経済や社会環境の影響が就職意識に反映されています。これらの地域差異を踏まえ、東北地域全体の雇用状況の安定化に向けた取り組みが求められます。

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)はこちら

記事一覧

住宅業界へ転職!女性でも施工管理になれる?

異業種から住宅業界へ転職できる?

住宅業界が抱える「2025年問題」とは?

東北で住宅業界の求人を探す人必見! 転職に必要なキャリアプランを紹介

住宅業界と業態とは?不動産業との違いも解説

建築士に英語力は必要?東北の住宅業界における外国人労働者雇用についても解説

住宅業界へ転職するなら知っておきたい工務店・ハウスメーカーの住宅営業スタイル

住宅業界の施工管理へ未経験でも転職できる?

住宅業界に事務職の求人はある?

現場施工管理者が実現したい工程管理のシナジー効果とは?

コミュニケーションを磨いて信頼される業務管理職を目指すには?

人との繋がりを大切にする連携能力の高い一級建築士を目指すには?

これからの住宅営業に求められるチームワークの能力とは?

変化する住宅業界で現場施工管理者の賃金はどうなる?

住宅業界における業務管理職の賃金とは?信頼されるリーダー像

物価高騰時代における焦点~住宅営業の賃金を上げるには?

転職で一級建築士の賃金アップを東北で成功させるには?

ハウスメーカーでアフターフォローを集客につなげる営業とは?

東北でインテリアコーディネーター転職・就職を目指す方法

秋田・岩手・宮城の求人トレンドと地元で働きたい学生の声

ハウスメーカーへ転職したい人必見!求人トレンドや動向を解説

住宅営業はなぜ「きつい」と言われる?東北の住宅業界へ転職したい人へアドバイス

未経験からのハウジングアドバイザー転職~東北の住宅業界に必要な知識

2024年問題は住宅業界にも影響する?転職する前に知っておきたい東北の業界事情

住宅業界で転職を検討している方におすすめ!住宅設計士について紹介

建築士と設計士の主な違い~転職からキャリアアップも目指せる

転職に工事経歴書は必ず必要? 職務経歴書との違いと書き方

転職して東北の住宅業界で輝こう!CAD設計者への道

東北の住宅業界の現場監督に転職するには資格は必要ない?

建築士になるには? 東北の住宅業界で転職するためのステップ

東北で住宅業界に転職を考えてる方にオススメの求人!建築業界の意匠とは?

待遇充実の求人も~東北の住宅営業に向いている人とは?

施工管理に向いてない人のための東北住宅業界転職アドバイス

転職で再発見したい人とのつながり~東北で楽しい住宅営業

住宅業界の営業職に女性が向いている理由や持っておきたい適性・職場選び

東北の住宅業界への転職を目指す!やりがいや必要なスキルを紹介

秋田の住宅業界の求人を探す!移住の利点・欠点や補助金の解説

東北の住宅業界の求人を目指す!女性建築士の需要や適性など解説

東北の住宅業界の求人は?建築士のやりがいや仕事内容などを紹介

東北の住宅業界の将来性は?住宅営業など求人がある職種を紹介!

住宅業界の人手不足は東北でも~変化する業界の求人に注目

現場施工管理士は未経験でもなれる?東北の住宅業界へ転職するポイント

一級建築士は未経験でもなれる転職できる職種というのは本当か?

東北の住宅業界への転職を目指す~適正化が進む住宅業界

東北の住宅業界で転職した人の平均年齢と転職前の職種とは?

東北で住宅業界に転職する際に必要な準備とは?

東北の住宅業界の求人動向とは?今後の動向についても解説

未経験で転職!東北で住宅業界営業に転職するには?

東北の住宅業界営業のやりがいとは?仕事内容や転職のポイント

住宅業界の魅力とは?地元東北で求人を見つける方法を解説

やりがいのある住宅営業の仕事とは?東北で転職なら必見!

スキルを証明する資格を持って住宅業界の求人に応募しよう!

東北の住宅業界に転職する際人気の地元企業を県別に紹介

住宅業界と建設業界の違いとは?転職するなら知っておきたい動向

将来性のある住宅業界に転職する為に知っておきたい住宅業界の課題と対策

東北・住宅業界の現状と今後の見通しは?市場の動向を知って転職活動に役立てよう

東北・住宅業界への転職で未経験歓迎の求人はある?工務店の仕事内容とポイントを解説

工務店が抱える転職採用の課題とは?日沼工務店の採用率向上のための取り組み

東北・住宅業界への転職!志望動機のポイントとは?業界の特徴を押さえて転職を成功させよう

あこがれの仙台暮らし~住宅業界に転職するならこの求人

自然と歴史が調和する盛岡で住宅業界に転職~おすすめ工務店を紹介

市場動向は戸建てが増加中!東北で転職を考えるなら住宅業界へ

働いている人アンケートから見える東北の住宅業界転職と働く喜び

秋田を中心に施工を手掛ける日沼工務店 施工事例から紐解く強みと特徴

儲からないと言われる工務店の仕事は案外悪くない!?

働き方改革の今がチャンス!建築のお仕事に未経験から転職

秋田・盛岡地域で工務店に就職するならおすすめ3社を紹介

秋田・盛岡の工務店に就職するなら年収は?職種別に解説

秋田・盛岡で工務店就職する魅力と求人応募のポイント

転職面接で必ず聞かれる質問とは?事前の準備と対策を万全にして面接に臨もう

転職ドラフトで大幅収入アップも夢じゃない?メリット・デメリットも紹介

転職の際の志望理由の書き方とは?今の仕事から動機を考える

おすすめ転職エージェントで理想の転職をサポートしてもらおう!

転職履歴書の書き方は?職務経歴書は必要?ポイントを解説します

現場管理者は何をする?主な仕事内容ややりがいとは?

転職を考えたらまず履歴書!どのように記載すると採用されるのか

アフターフォロー/地元のお客様へ最高の住まいを提供し続けられる

業務管理職/人と関わる業務が好きだから

一級建築士/生まれ育った地域に貢献したい

現場施工管理者/お客様の人生で大きな買い物「家の購入」に携わりたい

住宅営業/数々のハードルをクリアしお客様に最適なご提案を

転職サイトと企業採用サイトの賢い活用方法

転職先の選択理由は?女性に優しい企業ほど成長しているって本当?

建てたら終わりではない!お客様に寄り添うアフターフォローの仕事

一級建築士の仕事を徹底解説!業務内容や年収などを詳しく紹介

現場施工管理者になるには?資格や仕事の内容について

工務店の営業職について知ろう!主な仕事内容や魅力

転職理由を面接で聞かれたとき~面接の極意

東北エリアでの転職は難しい?転職経験者から聞いた本音の話

秋田エリアの働きやすい工務店・ハウスメーカーをご紹介!お客様にも社員にも「礼」を尽くす日沼工務店

秋田エリアの求人情報~地元密着型の企業ほど定着率が高い

工務店の仕事ってどんなもの?採用情報から見えた日沼工務店のワークスタイル

求職中のあなたにアドバイス!経験者から聞いてみた

転職を成功させるための3つのポイント

カテゴリー

アフターフォロー

インタビュー

一級建築士

住宅営業

業務管理職

現場施工管理者

転職コラム

アーカイブ

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月