PR

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)

一級建築士

建築士と設計士の主な違い~転職からキャリアアップも目指せる

2024/01/26

建築士と設計士の違いは資格の有無や設計可能な建築物の規模にあります。

建築士の資格は、建物の設計や工事監理を担当する専門家に必要なものです。一級建築士は最も難易度が高く、大規模な建築物から一般住宅まで設計可能です。二級建築士は定められた規模の建築物を担当し、木造建築士は木造の建築物に特化しています。

対照的に、設計士は国家資格が不要で、建築士をサポートする役割です。業務には施主との打ち合わせ、小規模な木造建築物の設計、建築士の補佐が含まれます。

建物の設計・工事管理を行う建築士の資格

建築士とは、建物の設計や工事監理を独占業務としている職種です。建築士として働くには、建築士試験を受検して資格を取得しなければなりません。建築士試験にも3つの種類があり、資格によって業務で扱える建築物の規模が変わってきます。

一級建築士

一級建築士は、国土交通省から認可を受けており、建築士試験の中で最も難易度が高い資格です。他の2つの資格より難易度が高い分、設計・工事に制限がなく大きい建築物から一般住宅など規模が小さい建築物まで、幅広いプロジェクトに参加できます。

一級建築士は、500㎡ある建築物や高さ13m、または軒の高さが9m以上の建築物の設計が可能です。そのためマンションやビルなどの高層建築物は、一級建築士でなければ携われません。


また、一級建築士は受験資格があり、二級建築士として4年以上の実務経験、または建築の指定科目を履修した上で実務経験を積んでいる方のみ受験できます。

二級建築士

二級建築士は、都道府県知事から認可を受けている資格で定められた規模の建築物でなければ設計できません。
高さ13m、軒の高さが9m以下で、1000㎡の2・3階建て木造住宅、30~300㎡以内の鉄筋コンクリート・鉄骨の建築物を設計でき、一般住宅の設計が想定された資格です。ただし、500㎡以下の病院・学校などの建築物であれば設計できます。

一級建築士と異なり、7年以上の実務経験または指定科目を履修していれば実務経験がなくても受験可能です。

木造建築士

木造建築士は、都道府県知事から認可を受けており、木造の建築物のみ設計できます。延べ面積が300㎡以下でかつ2階以下の木造建築物であれば住宅以外にも店舗・公共施設の設計が可能です。また、二級建築士と同様、学歴関係なく実務経験のみでも受験できます。

資格はなく業務の範囲が異なる設計士

設計士は建築士とは異なり、国家資格が不要です。建築士をサポートする役割を担っており、サポート以外にも事務・雑務も行います。感性やコミュニケーション、空間を把握する能力などが求められる仕事です。主な業務内容は大きく分けて3つあります。

施主との打ち合わせ

建築士と同様、施主との打ち合わせを行いますが、設計士だけで打ち合わせすることはなく、大体は建築士または営業担当者の同席で参加することがほとんどです。
施主のこだわりや要望をヒアリングするスキルが求められ、要望をヒアリングするだけでなく提案もしなければなりません。

小規模な木造建築物の設計

延べ100㎡未満の木造建築物であれば設計が可能なため、小規模の建築物であれば任せられるケースも多いです。ただし、建築基準法や条例などを守らなければならないため、資格は不要ですが専門知識が必要になります。

建築士の補佐

設計士は、設計補助や書類作成など建築士の補佐業務も仕事のひとつです。補佐業務は、キャリアアップや資格取得にもつながります。また、施主の需要や傾向などを知り、自分の個性を磨けるのもメリットのひとつです。

建築士と設計士の違いは?業務や年収

設計士と建築士は、住宅など建築物の設計・施工監理を行いますが、資格の有無や建築物の規模などいくつか違いがあります。主な違いは次の2つです。

建築物の違い

設計士と建築士では、設計できる建築物の規模が異なります。それぞれ設計できる建築物は、次のとおりです。

一級建築士

制限がなく、ビルやマンションなど高層建築物の設計・施工監理業務に携われます。

二級建築士

高さ13m・軒の高さが9m以下・3階建て以上の延べ面積300㎡(木造は1000㎡)以下の建築物の設計が可能です。また、2025年から高さは16mへ拡大されます。

設計士

2階建て以下の30㎡(木造の場合は100㎡)以下の建物の設計が可能です。上述した規模の建物であれば無資格で設計が可能なため、小規模の建築物の設計を任せられる場合もあります。

年収の違い

一級建築士

一級建築士の平均年収は約500万円で、これは日本の平均年収よりも高い水準です。月給に換算すると42万円で、初任給は約21万円が一般的です。アルバイトやパート、派遣社員の場合、平均時給はそれぞれ1,061円、1,858円です。

正社員の給与分布を見ると、ボリュームが多いのは486~565万円の範囲で、平均年収の500万円もこのゾーンに含まれます。全体の給与幅は329~958万円と幅広いため、勤務先や経験、求められるスキルによって大きな差が生じることがあります。

出典元:求人ボックス

設計士

設計士の平均年収は約465万円で、これは日本の平均年収よりも高めです。月給換算では39万円で、初任給は約22万円が一般的です。アルバイトやパート、派遣社員の場合、平均時給はそれぞれ1,093円、1,743円です。

正社員の給与分布を見ると、ボリュームが多いのは475~528万円の範囲で、平均年収の465万円はこのゾーンよりもやや低めです。全体の給与幅は313~744万円と比較的広いため、建築士と同様に勤務先や経験、求められるスキルによって差が生じる可能性が高いです。

出典元:求人ボックス

設計士から建築士を目指す

設計士から建築士になるには、まず建築士の資格を取得しなければなりません。建築士試験を受験するにも一定期間の実務経験、または指定科目の履修が必須で、一級建築士・二級建築士・木造建築士いずれも4年~7年以上の実務経験が絶対条件です。

建築関係の専門学校または大学で建築学科・土木科を卒業した場合は、卒業後に工務店などへ就職し実務経験4年以上で一級建築士の受験資格が得られます。

一方の二級建築士は、建築関係の専門学校・大学を卒業した場合は実務経験がなくても受験が可能です。建築関係の学歴がないなど、指定科目を履修していない場合は、一級・二級関係なく実務経験7年以上で建築士試験の受験ができます。

これから東北で住宅業界への転職を検討している方は、設計士から建築士を目指すのもひとつの選択肢としておすすめです。まずは工務店などに就職し、設計士として実務経験を積める企業を求人で探すとよいでしょう。


建築士は建物の設計や工事監理を担当する専門家で、建築士試験を受験して資格を取得する必要があります。一級建築士は最も難易度が高く、大規模な建築物から一般住宅まで様々なプロジェクトに参加できます。二級建築士は定められた規模の建築物を担当し、木造建築士は木造の建築物に特化しています。

これに対し、設計士は国家資格が不要で、建築士のサポートを行います。業務には施主との打ち合わせ、小規模な木造建築物の設計、建築士の補佐が含まれます。建築士と設計士の違いは資格の有無や担当できる建築物の規模などがあります。

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)はこちら

記事一覧

住宅業界へ転職!女性でも施工管理になれる?

異業種から住宅業界へ転職できる?

住宅業界が抱える「2025年問題」とは?

東北で住宅業界の求人を探す人必見! 転職に必要なキャリアプランを紹介

住宅業界と業態とは?不動産業との違いも解説

建築士に英語力は必要?東北の住宅業界における外国人労働者雇用についても解説

住宅業界へ転職するなら知っておきたい工務店・ハウスメーカーの住宅営業スタイル

住宅業界の施工管理へ未経験でも転職できる?

住宅業界に事務職の求人はある?

現場施工管理者が実現したい工程管理のシナジー効果とは?

コミュニケーションを磨いて信頼される業務管理職を目指すには?

人との繋がりを大切にする連携能力の高い一級建築士を目指すには?

これからの住宅営業に求められるチームワークの能力とは?

変化する住宅業界で現場施工管理者の賃金はどうなる?

住宅業界における業務管理職の賃金とは?信頼されるリーダー像

物価高騰時代における焦点~住宅営業の賃金を上げるには?

転職で一級建築士の賃金アップを東北で成功させるには?

ハウスメーカーでアフターフォローを集客につなげる営業とは?

東北でインテリアコーディネーター転職・就職を目指す方法

秋田・岩手・宮城の求人トレンドと地元で働きたい学生の声

ハウスメーカーへ転職したい人必見!求人トレンドや動向を解説

住宅営業はなぜ「きつい」と言われる?東北の住宅業界へ転職したい人へアドバイス

未経験からのハウジングアドバイザー転職~東北の住宅業界に必要な知識

2024年問題は住宅業界にも影響する?転職する前に知っておきたい東北の業界事情

住宅業界で転職を検討している方におすすめ!住宅設計士について紹介

建築士と設計士の主な違い~転職からキャリアアップも目指せる

転職に工事経歴書は必ず必要? 職務経歴書との違いと書き方

転職して東北の住宅業界で輝こう!CAD設計者への道

東北の住宅業界の現場監督に転職するには資格は必要ない?

建築士になるには? 東北の住宅業界で転職するためのステップ

東北で住宅業界に転職を考えてる方にオススメの求人!建築業界の意匠とは?

待遇充実の求人も~東北の住宅営業に向いている人とは?

施工管理に向いてない人のための東北住宅業界転職アドバイス

転職で再発見したい人とのつながり~東北で楽しい住宅営業

住宅業界の営業職に女性が向いている理由や持っておきたい適性・職場選び

東北の住宅業界への転職を目指す!やりがいや必要なスキルを紹介

秋田の住宅業界の求人を探す!移住の利点・欠点や補助金の解説

東北の住宅業界の求人を目指す!女性建築士の需要や適性など解説

東北の住宅業界の求人は?建築士のやりがいや仕事内容などを紹介

東北の住宅業界の将来性は?住宅営業など求人がある職種を紹介!

住宅業界の人手不足は東北でも~変化する業界の求人に注目

現場施工管理士は未経験でもなれる?東北の住宅業界へ転職するポイント

一級建築士は未経験でもなれる転職できる職種というのは本当か?

東北の住宅業界への転職を目指す~適正化が進む住宅業界

東北の住宅業界で転職した人の平均年齢と転職前の職種とは?

東北で住宅業界に転職する際に必要な準備とは?

東北の住宅業界の求人動向とは?今後の動向についても解説

未経験で転職!東北で住宅業界営業に転職するには?

東北の住宅業界営業のやりがいとは?仕事内容や転職のポイント

住宅業界の魅力とは?地元東北で求人を見つける方法を解説

やりがいのある住宅営業の仕事とは?東北で転職なら必見!

スキルを証明する資格を持って住宅業界の求人に応募しよう!

東北の住宅業界に転職する際人気の地元企業を県別に紹介

住宅業界と建設業界の違いとは?転職するなら知っておきたい動向

将来性のある住宅業界に転職する為に知っておきたい住宅業界の課題と対策

東北・住宅業界の現状と今後の見通しは?市場の動向を知って転職活動に役立てよう

東北・住宅業界への転職で未経験歓迎の求人はある?工務店の仕事内容とポイントを解説

工務店が抱える転職採用の課題とは?日沼工務店の採用率向上のための取り組み

東北・住宅業界への転職!志望動機のポイントとは?業界の特徴を押さえて転職を成功させよう

あこがれの仙台暮らし~住宅業界に転職するならこの求人

自然と歴史が調和する盛岡で住宅業界に転職~おすすめ工務店を紹介

市場動向は戸建てが増加中!東北で転職を考えるなら住宅業界へ

働いている人アンケートから見える東北の住宅業界転職と働く喜び

秋田を中心に施工を手掛ける日沼工務店 施工事例から紐解く強みと特徴

儲からないと言われる工務店の仕事は案外悪くない!?

働き方改革の今がチャンス!建築のお仕事に未経験から転職

秋田・盛岡地域で工務店に就職するならおすすめ3社を紹介

秋田・盛岡の工務店に就職するなら年収は?職種別に解説

秋田・盛岡で工務店就職する魅力と求人応募のポイント

転職面接で必ず聞かれる質問とは?事前の準備と対策を万全にして面接に臨もう

転職ドラフトで大幅収入アップも夢じゃない?メリット・デメリットも紹介

転職の際の志望理由の書き方とは?今の仕事から動機を考える

おすすめ転職エージェントで理想の転職をサポートしてもらおう!

転職履歴書の書き方は?職務経歴書は必要?ポイントを解説します

現場管理者は何をする?主な仕事内容ややりがいとは?

転職を考えたらまず履歴書!どのように記載すると採用されるのか

アフターフォロー/地元のお客様へ最高の住まいを提供し続けられる

業務管理職/人と関わる業務が好きだから

一級建築士/生まれ育った地域に貢献したい

現場施工管理者/お客様の人生で大きな買い物「家の購入」に携わりたい

住宅営業/数々のハードルをクリアしお客様に最適なご提案を

転職サイトと企業採用サイトの賢い活用方法

転職先の選択理由は?女性に優しい企業ほど成長しているって本当?

建てたら終わりではない!お客様に寄り添うアフターフォローの仕事

一級建築士の仕事を徹底解説!業務内容や年収などを詳しく紹介

現場施工管理者になるには?資格や仕事の内容について

工務店の営業職について知ろう!主な仕事内容や魅力

転職理由を面接で聞かれたとき~面接の極意

東北エリアでの転職は難しい?転職経験者から聞いた本音の話

秋田エリアの働きやすい工務店・ハウスメーカーをご紹介!お客様にも社員にも「礼」を尽くす日沼工務店

秋田エリアの求人情報~地元密着型の企業ほど定着率が高い

工務店の仕事ってどんなもの?採用情報から見えた日沼工務店のワークスタイル

求職中のあなたにアドバイス!経験者から聞いてみた

転職を成功させるための3つのポイント

カテゴリー

アフターフォロー

インタビュー

一級建築士

住宅営業

業務管理職

現場施工管理者

転職コラム

アーカイブ

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月