PR

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)

現場施工管理者

住宅業界の転職に詳しくなろう! 施工管理士と現場監督の違いも解説

2024/05/29

施工管理士と現場監督は、建築現場で工事の進捗や安全管理を行う重要な役割を持っていますが、彼らの資格や職務内容には違いがあります。

施工管理士は「建築施工管理技士」とも呼ばれ、国家資格を必要とし、建築業法に基づく試験に合格することが求められます。一方、現場監督は特に資格は必要なく、主に建築工事や土木工事の現場で管理業務を担当します。

どちらの職種も、建築プロジェクトを成功に導くための重要な鍵であり、専門スキルを活かして充実したキャリアを築ける職種です。

施工管理士と現場監督とは

施工管理士と現場監督は、いずれも作業現場や建築プロジェクトにおいて、工事の進捗状況を管理したり、安全や品質に配慮したりする役割を果たします。

仕事内容は似ていますが、業務内容、求められるスキルと資格が異なります。施工管理と現場監督の違いを解説します。

◇施工管理士とは

正式には「建築施工管理技士」であり、建築業で施工管理を行う国家資格を取得している人を指します。建築業法に基づいて受験要件が定められており、施工管理技術検定の一次試験と二次試験に合格すると取得できます。

資格を取得すると、建設事務所やハウスメーカーでの住宅建設、ゼネコンやサブコンでの大規模工事などで活躍できます。施工管理士には、高いリーダーシップ、スケジュール管理能力、危機管理能力、マルチタスク能力、コミュニケーション能力などが求められ、体力と精神力も必要です。

◇現場監督とは

建築工事や土木工事現場で、工程管理や安全管理を行う管理者を指し、ハウスメーカー、土木工事現場、電気工事現場などで活躍しています。施工管理士とは異なり、特に資格は不要です。

工事に関する知識、スキル、経験が求められ、現場を統率し予期せぬトラブルに対応できる危機管理能力も必要です

◇違いは何?

業務内容に明確な違いはなく、異なるのは国家資格を取得しているか否かのみです。強いていえば施工管理士は工事全体を管理するためデスクワークが多く、現場監督は作業員への指示出しや資材の発注手続きなど現場での業務が多い傾向にあります。

施工管理や現場監督を目指すデメリットも

画像引用元:Photo AC

施工管理士と現場監督は、現場のリーダーとなって工事を進められたり、自身が携わった建築物を形に残せたりできる魅力ある職業です。その反面、仕事の量が多く残業が多い、私生活が安定しないなどのデメリットもあります。

◇仕事量の多さ

いずれも進捗の管理、作業員への指示、発注作業、原価管理、スケジュールの見直しなど業務範囲が広く仕事量が多く、きつい仕事だと言われることもあります。

また、天候の影響で工事ができないこともあるため、プロジェクトの進行状況によっては、長時間労働が常態化し休日出勤をすることも少なくありません。ただし、2024年4月からの労働時間上限規制により、待遇や環境が大きく改善することが期待されています

◇私生活が安定しない

施工管理士と現場監督は、担当する現場が変わるたびに出勤する場所が変わります。大規模な会社では、現場が全国各地に点在していることもあり、転勤や長期出張が頻繁に発生します。

転勤するたびに、新しい場所での住まい探し、引っ越しの手続き、子どもの転校手続き、新しい生活環境への順応などが必要になるため、家族も負担を強いられる可能性があります。特に単身赴任の場合は、持ち家と転勤先での生活費が増大しがちです。

独身者においても住まいが安定しにくいため、将来の人生設計が難しくなる可能性があります。

就職するハウスメーカー選びが大切

仕事量が多く、私生活が安定しづらい施工管理士と現場監督ですが、労働環境や労働条件は企業によって異なります。自分にあった企業に就職するためには、ハウスメーカー選びがとても重要です。

東北で住宅業界の施工管理士と現場監督の求人情報をお探しの方に向けて、ハウスメーカーを選ぶ際のポイントを解説します。

◇ICTの導入に取り組んでいるハウスメーカーを選ぶ

ICTツールとは情報通信技術を指し、近年では企業の80%以上が、ICTの導入に取り組んでいます。ICTを導入しているハウスメーカーでは、現場でタブレットから書類の作成をしたり、アプリを活用して資料を共有したりすることも可能です。

また、ICTを導入している企業は、業務の効率化が図れて人為的ミスも減らせるため、業務をスムーズに遂行できます。効率性は残業の発生にも影響するため、転職先を選ぶ際はICTを導入しているか確認しておくことが重要です。

◇地元密着型のハウスメーカーを選ぶ

施工管理士と現場監督は転勤や長期出張が発生しやすい職業ですが、転勤や長期出張の頻度は企業によって異なります。例えば、対応エリアが狭い地域であれば、担当する現場が変わっても自宅から通勤できるでしょう。

地域密着型の企業は、担当するエリアが限られているため、転勤や長期出張は少ない傾向にあります。ライフワークバランスを重視する方や私生活の安定を図りたい方は、地元密着型のハウスメーカーを選ぶことをおすすめします。

施工管理と現場監督の将来性

転職をする際には、仕事内容だけでなく将来性への意識も重要な観点です。施工管理士と現場監督の仕事はやりがいがあり将来性のある職種です。経験を積めば、昇給や昇格で収入アップが見込め、独立してフリーランスとして働けます。

◇昇給や昇格で収入アップ

各工事現場には、施工管理士の有資格者を配置することが必要不可欠です。施工管理士が在籍していると、企業の経営事項審査も加点されることもあるため、施工管理士の資格を取得すれば、企業にとって重要な人材となります。

施工管理技士の資格は、誰でも取得できる資格です。資格を取得することで高く評価され、昇給や昇格のチャンスを広げられます。

◇独立してフリーランスになる

フリーランスとは、企業や組織に所属せず、個人として仕事を請け負う人を指します。施工管理士は企業に属さなくても、独立してフリーランスとして働くことも可能です。この場合は、建設会社から期間契約で仕事を請けることになります。

自分で仕事を選べるため、高収入の案件を受け続ければ年収が上がる可能性もありますし、長期休暇が取れる、働き方を選べる、人間関係のストレスから解放されるといった点も魅力です。

ただし、フリーランスで働くためには、技術だけでなく営業力や交渉力も必要とされます。営業が上手くいかないと収入が下がる可能性もある点に注意が必要です。


施工管理士と現場監督はどちらも建設現場で重要な役割を担っています。この二つの職種には類似点が多いものの、資格要件には明確な違いがあります。

「建築施工管理技士」としても知られる施工管理士は、国家資格を必要とする職業です。建築業法に基づき、施工管理技術検定の一次試験および二次試験に合格する必要があります。この資格を持つことで、住宅建設の計画から大規模工事の監督まで、幅広いプロジェクトに参加できるようになります。

施工管理士は高度なリーダーシップ能力、効率的なスケジュール管理、危機対応能力、多任務処理能力、そして強固なコミュニケーションスキルが求められます。

一方、現場監督は建築工事や土木工事の現場で直接的に工程管理や安全管理を行う管理者であり、特に資格は必要ありませんが、経験や現場での知識が豊富であることが重視されます。

現場監督は施工計画の実行、作業員への指示出し、資材の管理といった日々の現場業務に従事し、状況に応じて迅速かつ適切に対応する能力が求められます。

施工管理士も現場監督も、それぞれの職種には独自の課題と責任が伴いますが、どちらも建設業界において価値あるキャリアを築ける職種です。

キャリアなび~東北版(秋田・盛岡・仙台)はこちら

記事一覧

住宅業界の転職に詳しくなろう! 施工管理士と現場監督の違いも解説

東北の住宅業界事情を紹介! 建築士と大工の違いとは?

住宅営業ではインセンティブ報酬について知っておこう

ポートフォリオは住宅業界への就活において大きな武器になる!

住宅業界へ転職!女性でも施工管理になれる?

異業種から住宅業界へ転職できる?

住宅業界が抱える「2025年問題」とは?

東北で住宅業界の求人を探す人必見! 転職に必要なキャリアプランを紹介

住宅業界と業態とは?不動産業との違いも解説

建築士に英語力は必要?東北の住宅業界における外国人労働者雇用についても解説

住宅業界へ転職するなら知っておきたい工務店・ハウスメーカーの住宅営業スタイル

住宅業界の施工管理へ未経験でも転職できる?

住宅業界に事務職の求人はある?

現場施工管理者が実現したい工程管理のシナジー効果とは?

コミュニケーションを磨いて信頼される業務管理職を目指すには?

人との繋がりを大切にする連携能力の高い一級建築士を目指すには?

これからの住宅営業に求められるチームワークの能力とは?

変化する住宅業界で現場施工管理者の賃金はどうなる?

住宅業界における業務管理職の賃金とは?信頼されるリーダー像

物価高騰時代における焦点~住宅営業の賃金を上げるには?

転職で一級建築士の賃金アップを東北で成功させるには?

ハウスメーカーでアフターフォローを集客につなげる営業とは?

東北でインテリアコーディネーター転職・就職を目指す方法

秋田・岩手・宮城の求人トレンドと地元で働きたい学生の声

ハウスメーカーへ転職したい人必見!求人トレンドや動向を解説

住宅営業はなぜ「きつい」と言われる?東北の住宅業界へ転職したい人へアドバイス

未経験からのハウジングアドバイザー転職~東北の住宅業界に必要な知識

2024年問題は住宅業界にも影響する?転職する前に知っておきたい東北の業界事情

住宅業界で転職を検討している方におすすめ!住宅設計士について紹介

建築士と設計士の主な違い~転職からキャリアアップも目指せる

転職に工事経歴書は必ず必要? 職務経歴書との違いと書き方

転職して東北の住宅業界で輝こう!CAD設計者への道

東北の住宅業界の現場監督に転職するには資格は必要ない?

建築士になるには? 東北の住宅業界で転職するためのステップ

建築業界の意匠とは?意匠設計に強い企業を紹介

待遇充実の求人も~東北の住宅営業に向いている人とは?

施工管理に向いてない人のための東北住宅業界転職アドバイス

転職で再発見したい人とのつながり~東北で楽しい住宅営業

住宅業界の営業職に女性が向いている理由や持っておきたい適性・職場選び

東北の住宅業界への転職を目指す!やりがいや必要なスキルを紹介

秋田の住宅業界の求人を探す!移住の利点・欠点や補助金の解説

東北の住宅業界の求人を目指す!女性建築士の需要や適性など解説

東北の住宅業界の求人は?建築士のやりがいや仕事内容などを紹介

東北の住宅業界の将来性は?住宅営業など求人がある職種を紹介!

住宅業界の人手不足は東北でも~変化する業界の求人に注目

現場施工管理士は未経験でもなれる?東北の住宅業界へ転職するポイント

一級建築士は未経験でもなれる転職できる職種というのは本当か?

東北の住宅業界への転職を目指す~適正化が進む住宅業界

東北の住宅業界で転職した人の平均年齢と転職前の職種とは?

東北で住宅業界に転職する際に必要な準備とは?

東北の住宅業界の求人動向とは?今後の動向についても解説

未経験で転職!東北で住宅業界営業に転職するには?

東北の住宅業界営業のやりがいとは?仕事内容や転職のポイント

住宅業界の魅力とは?地元東北で求人を見つける方法を解説

やりがいのある住宅営業の仕事とは?東北で転職なら必見!

スキルを証明する資格を持って住宅業界の求人に応募しよう!

東北の住宅業界に転職する際人気の地元企業を県別に紹介

住宅業界と建設業界の違いとは?転職するなら知っておきたい動向

将来性のある住宅業界に転職する為に知っておきたい住宅業界の課題と対策

東北・住宅業界の現状と今後の見通しは?市場の動向を知って転職活動に役立てよう

東北・住宅業界への転職で未経験歓迎の求人はある?工務店の仕事内容とポイントを解説

工務店が抱える転職採用の課題とは?日沼工務店の採用率向上のための取り組み

東北・住宅業界への転職!志望動機のポイントとは?業界の特徴を押さえて転職を成功させよう

あこがれの仙台暮らし~住宅業界に転職するならこの求人

自然と歴史が調和する盛岡で住宅業界に転職~おすすめ工務店を紹介

市場動向は戸建てが増加中!東北で転職を考えるなら住宅業界へ

働いている人アンケートから見える東北の住宅業界転職と働く喜び

秋田を中心に施工を手掛ける日沼工務店 施工事例から紐解く強みと特徴

儲からないと言われる工務店の仕事は案外悪くない!?

働き方改革の今がチャンス!建築のお仕事に未経験から転職

秋田・盛岡地域で工務店に就職するならおすすめ3社を紹介

秋田・盛岡の工務店に就職するなら年収は?職種別に解説

秋田・盛岡で工務店就職する魅力と求人応募のポイント

転職面接で必ず聞かれる質問とは?事前の準備と対策を万全にして面接に臨もう

転職ドラフトで大幅収入アップも夢じゃない?メリット・デメリットも紹介

転職の際の志望理由の書き方とは?今の仕事から動機を考える

おすすめ転職エージェントで理想の転職をサポートしてもらおう!

転職履歴書の書き方は?職務経歴書は必要?ポイントを解説します

現場管理者は何をする?主な仕事内容ややりがいとは?

転職を考えたらまず履歴書!どのように記載すると採用されるのか

アフターフォロー/地元のお客様へ最高の住まいを提供し続けられる

業務管理職/人と関わる業務が好きだから

一級建築士/生まれ育った地域に貢献したい

現場施工管理者/お客様の人生で大きな買い物「家の購入」に携わりたい

住宅営業/数々のハードルをクリアしお客様に最適なご提案を

転職サイトと企業採用サイトの賢い活用方法

転職先の選択理由は?女性に優しい企業ほど成長しているって本当?

建てたら終わりではない!お客様に寄り添うアフターフォローの仕事

一級建築士の仕事を徹底解説!業務内容や年収などを詳しく紹介

現場施工管理者になるには?資格や仕事の内容について

工務店の営業職について知ろう!主な仕事内容や魅力

転職理由を面接で聞かれたとき~面接の極意

東北エリアでの転職は難しい?転職経験者から聞いた本音の話

秋田エリアの働きやすい工務店・ハウスメーカーをご紹介!お客様にも社員にも「礼」を尽くす日沼工務店

秋田エリアの求人情報~地元密着型の企業ほど定着率が高い

工務店の仕事ってどんなもの?採用情報から見えた日沼工務店のワークスタイル

求職中のあなたにアドバイス!経験者から聞いてみた

転職を成功させるための3つのポイント

カテゴリー

アフターフォロー

インタビュー

一級建築士

住宅営業

業務管理職

現場施工管理者

転職コラム

アーカイブ

2024年05月

2024年04月

2024年03月

2024年02月

2024年01月

2023年12月

2023年11月

2023年10月

2023年09月

2023年08月

2023年07月

2023年06月